About FedEx

FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

March 9, 2015

フェデックス、一日職業体験「ジョブシャドウ」を実施

~高校生がフェデックスの新砂営業所にて国際貨物輸送に関わる業務を体験~   フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、3月5日に、聖徳大学附属女子高等学校の生徒18名を新砂営業所(江東区)に招き、一日職業体験「ジョブシャドウ」を実施しました。   ジョブシャドウとは、従業員が仕事に取り組む姿勢を生徒が間近に見て感じることで、学校で学ぶことがどのように仕事に関連しているかを、生徒自らに発見させることを目的とした体験型教育プログラムです。フェデックスは、若者の社会的適応力を育成する経済教育団体ジュニア・アチーブメント®と協力して、2007年から定期的にジョブシャドウを実施しています。   今回のジョブシャドウでは、生徒一人一人が通関業務、集配業務、職場での安全衛生管理業務に携わる従業員にシャドウ(影)として付いて行動し、フェデックスのグローバルなビジネス、従業員の役割と責任、チームワークの大切さ、そしてお客様への責務などを学びました。   フェデックス北太平洋地区担当副社長の氏家 正道は、「お客様のお荷物を安全かつ確実に輸送するため、フェデックスではさまざまな部門が連携しています。今回のジョブシャドウでは、各部門の管理職の仕事も見学してもらい、生徒のみなさんはチームメンバーとチームの責任者の役割の違いに気付いたことでしょう。 より良い結果を出すために、さまざまな立場でどう工夫したらよいかを考えるきっかけになればうれしく思います」と述べています。   フェデックスの従業員と共にジョブシャドウを行った生徒たちは「日本に荷物が到着する前に通関作業を行って少しでも早くお客様に荷物を届けることができるように準備しているのを見て、お客様に直接接することがない役割の人も含めていろいろな人が会社を支えているということが分かった。効率よく仕事を進めるためにも上司、部下や他の部門の人とのコミュニケーションが大事なことを学んだ」と話していました。ジョブシャドウ体験後には座談会が行われ、従業員が学生時代から現職に至るまでの経験を紹介したり、学生の間に行っておくとよいことをアドバイスするなど、生徒からの質問にこたえました。

More
March 5, 2015

フェデックス、フォーチュン誌の 「世界で最も賞賛される企業」第12位に

フェデックス、フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」第12位に

More
February 12, 2015

オンライン販売の鍵は「信頼性」

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、国際間の電子商取引「越境eコマース」におけるグローバルな消費者動向調査研究の結果を発表しました。

More
December 19, 2014

「大阪府障がい者サポートカンパニー優良企業」に認定、大阪府より登録証を取得

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、2014年10月30日付で「大阪府障がい者サポートカンパニー優良企業」として認定され、大阪府より登録証を授与されました。 大阪府障がい者サポートカンパニー制度は、障がい者の雇用や就労支援に積極的に取り組む企業を大阪府が認定登録するものです。フェデックスでは以前より、国内外の各地で障がいのある従業員が活躍しています。特に大阪府内では、本年4月に稼働開始した北太平洋地区ハブ(関西国際空港内)における、障がい者雇用および勤務する上でのサポート体制が高く評価されました。 フェデックスは創設時より、従業員を第一に考える「People(人)-Service(サービス)-Profit(利益)」=PSPを企業理念に掲げ、職場での多様性を推進しています。フェデックスでの多様性とは、障がいのある方と共に働くだけではなく、全ての従業員がお互いの多様性を理解し、さまざまな働き方を許容することです。フェデックスは、従業員が自分の得意なところを生かし、弱いところは助け合い、お互いを尊重し合う企業風土をさらに高めていきます。 

More
December 4, 2014

フェデックス、広告キャンペーン、小規模事業者が販売するホットペッパーソースがフェデックスで世界へ

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、複数の市場を対象とした最新の広告キャンペーンを開始しました。同キャンペーンでは、カリブ海ネイビス島の小さなホットペッパーソースの製造者であるルウェリン・クラーク氏が、彼の夢、そして数多くの小規模事業者の夢でもあるビジネスのグローバル化をいかに成し遂げたかというストーリーを共有しています。 フェデックス サービスのマーケティング担当上級副社長、ラジェッシュ・スーブラマニアンは、以下のように述べています。「クラーク氏のストーリーは、グローバル化を夢見る、情熱的で根気強い世界中の多くの小規模事業者の心を捉えるでしょう。ビジネスを国際的に発展させることは容易ではありませんが、適切な製品、市場参入計画、サプライチェーン戦略さえそろえば、小規模事業者も大きな報酬を得る可能性があります」 

More
November 18, 2014

アジア太平洋地域の シニア・マネジメント・チームの新役員を発表

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、アジア太平洋地域社長:ディビッド・L・カニングハムJr.)は、11月13日、アジア太平洋地域における2名の新役員を発表しました。 2015年1月より、現在の南太平洋地区担当副社長であるカレン・レディントンが、アジア太平洋地域社長に就任します。現在のアジア太平洋地域社長ディビッド・L・カニングハムJr.は、米国テネシー州メンフィスのフェデックス本社にて最高執行責任者(COO)に就任します。また、ケビン・オハーンが12月より、カレン・レディントンの後任として南太平洋地区担当副社長に就任します。 カレン・レディントンは新しい役職において、アジア太平洋地域を構成する30以上の市場と地域の企業戦略および企業運営の計画・実施全体を統括し、18,000人以上の従業員を管理します。ケビン・オハーンは、北太平洋地区と並んでアジア太平洋地域下の部門として管理される、南太平洋地区の企業戦略および企業運営を管理し、オーストラリア、香港、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの約6,000人の従業員を管理します。 

More
October 10, 2014

フェデックス・グローバルリターンズで 柔軟な返送品管理と通関申告書類へのサポートを提供

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、返送手続きを効率化するソリューション、フェデックス・グローバルリターンズを発表しました。本サービスは、インターネット等での販売を行う小売業者が、出荷アプリケーションにて様々な国に向けた返送ラベルや通関申告書類の作成を効率的に行うことができ、お客様の返送手続きを容易にするものです。 アジア太平洋地域社長のディビッド・L・カニングハムJr.は、次のように述べています。「盛況で競争の激しいEコマース分野では、質の高い返送サービスをお客様に提供し、経験していただくことは必要不可欠です。フェデックス・グローバルリターンズは、お客様の返送業務管理に役立つサービスとなります。アジア北太平洋地域のお客様は、この『ワンストップ(業務一貫)』ソリューションによって、FedExの信頼性に裏付けされた、合理的、効率的、かつ柔軟性を備えた返送手続きをお客様や取引先に提供することができます」 返送品管理

More
October 7, 2014

「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2014」 フェデックス特設ブースで出場選手がサイン会を実施

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)が、オフィシャル・キャリアーパートナーとして協賛する男子テニスツアー「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2014」が、2014 年9 月29 日(月) ~ 10 月5 日(日)まで、有明コロシアム/有明テニスの森公園コート(東京都江東区)にて開催されました。 フェデックスの特設ブースには4,600名以上の来場者があり、ラケットでテニスボールを打ち、的に当てるとフェデックス特製グッズが当たるゲームを楽しみました。ゲームで難易度の高い的に当てた参加者には、出場選手のサイン入りグッズなどの賞品が渡されました。 9月30日(火)には、シングルスに参加した、ケビン・アンダーソン選手(世界ランキング16位、10月6日時点)、10月2日(木)にはジル・シモン選手(世界ランキング29位、10月6日時点)がブースにてサイン会を行い、握手や写真撮影に応じるなど、多くのテニスファンと触れあいました。

More