FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

ニュージーランドの若き起業家チームが 「2014年インターナショナル・トレード・チャレンジ」最優秀賞を受賞

August 26, 2014

フェデックス コーポレーションの国際総合航空貨物輸送会社であるフェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)と、若者の社会適応力を育成する経済教育団体ジュニア・アチーブメント(JA)は、次世代の起業家精神とビジネススキルを育成する「2014年フェデックス/ジュニア・アチーブメント、インターナショナル・トレード・チャレンジ」のアジア太平洋大会を、香港において開催し、ニュージーランド代表チームが最優秀賞を獲得しました。

 

この大会ではニュージーランド代表、アボンデール校のシャノン・メトカ―フとロング・ベイ校のイザベル・スタングルが、綿密で独創的なビジネス提案で審査員に好印象を与え、他52名を制しました。本年度は課題として、ケニアの社会問題に対応した美容化粧品/サービスで市場に参入するための戦略策定が出されました。ニュージーランドチームが提案した水なし洗顔液「アイケア」は、ケニアの人々の間で問題となっているトラコーマに対応しています。貴重な飲料水を使わずに洗顔できるこの製品は、同時に肌の自然な美しさを促進します。

 

本プログラムは、アジア太平洋地域の若者がビジネ界と起業を体験することを目標としています。アジア太平洋大会では香港、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの9カ国・地域から27チームの生徒が参加しました。

 

ニュージーランドチーム代表のシャノン・メトカ―フとイザベル・スタングルは次のように語っています。「ニュージーランド代表に選ばれた時は興奮しましたが、香港に来て優勝でき、夢が叶いました。このインターナショナル・トレード・チャレンジ・プログラムは大変刺激になるところがたくさんありました。私たちは全力を尽くし、ビジネス界を体験できただけではなく、将来の職業に役立つ経験ができました。大会では互いに深い友情も築くことができ、さらにフェデックスのアドバイザーから多くのことを学びました。このような実りのある経験を企画してくださった方々に心から感謝します」

 

2位は同じくニュージーランド、アオテアロアチーム、キングス校のアマンダ・ノーとネイランド校のベンジャミン・シーレンでした。彼らは歯のフッ素症を防ぎ、口に入っても安全な成分の歯磨きを提案しました。

 

3位はフィリピンのアバンギャルドチームで、O.B モンテッソーリグリーンヒルズ校のデジ・ネラ・アガスティン・エクラリンとリアンヌ・ガブリエル・ラミレズ・ヘルナンデスでした。彼らは、侵襲的な入れ墨や過度のメーキャップをせずにケニアの抑圧された女性を美しく見せるヘナタトゥーの新しいアイデアを考案し、ウズリンクという商品を紹介しました。

 

今年のフェデックス/ジュニア・アチーブメント、インターナショナル・トレード・チャレンジのアジア太平洋大会には54名が参加しました。国内予選および地域大会では、成功を収めている起業家や一流のビジネスリーダーからなる審査員が、ビジネス参入戦略を策定・遂行するにあたっての完成度や独創性、専門性を採点しました。

 

フェデックスのアジア太平洋地域社長デイビット・L・カニングハムJr. は次のように述べています。

「フェデックスはアジアの中小企業を積極的に支援しており、若い人たちの起業家精神を育てているのもその一環です。今年の参加者の中には、2、3年で必ずや次世代のビジネスリーダーになるであろう人たちがいます。2007年に初めて開催して以来、1200名近い若者の教育とインスピレーションに貢献してきたことを嬉しく思うとともに、激しい競争の中で優勝したニュージーランドチームにお祝いを述べたいと思います」

 

また、ジュニア・アチーブメント・アジア太平洋地域社長のヴィヴィアン・ラウは次のように語っています。「このプログラムを実施するにあたってジュニア・アチーブメントの目標とするのは、若い人たちにビジネス界で成功するための刺激と経験を提供することです。インターナショナル・トレード・チャレンジ・プログラムは生徒たちに、創造的で独創的なアイデアを現実化し、実行可能な提案に変えるために何が必要かを教えました。3日間の大会ではフェデックスのボランティア社員がアドバイザーとして支援し大きな成功へと導いてくれました。今後もフェデックスとの協力のもとにこの貴重なプログラムを続けていきたいと思います」

 

「フェデックス/ジュニア・アチーブメント、インターナショナル・トレード・チャレンジ」はフェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)のグループ会社である世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス)と、世界最大の非営利組織JA Worldwide®の協力によって開催され、若者にビジネスと起業精神を理解する機会を提供しました。今年は90人を超えるフェデックス社員がアドバイザーとなり、生徒たちが国際ビジネスの概念を理解し、計画を策定できるように指導しました。詳細は以下のサイトをご覧ください。

www.facebook.com/AsiaPacificITC (英語)

You may also like:

April 24, 2018

FedEx Innovation Challenge

More like this in blog

More
January 23, 2015

One Morning — and Nine Newborns!

More like this in blog

More