FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス、グローバル・シチズンシップ・レポート2016を発行

~車両の燃料効率目標を5年前倒しで達成、10億ドル以上のジェット燃料を節約~

April 18, 2016

フェデックス コーポレーション(フェデックス、本社所在地:米国テネシー州、会長・社長兼CEO:フレッド・スミス)は、「グローバル・シチズンシップ・レポート2016」を発行しました。本レポートは、豊富な人材資源を生かし責任を持って世界をつなぐためにフェデックスが取り組んできた献身的な努力の詳細を紹介しています。併せて、環境、地域社会、経済発展に対するフェデックスの昨年度の取り組みも報告しています。

今回のレポートで報告されている最大の成果の一つは、フェデックスが車両の燃料効率を30%改善し、改善目標を5年前倒しで達成したことです。今回の目標達成は、以下の「Reduce, Replace, Revolutionize(削減、置き換え、変革)」戦略を通じて実現しました。

  • Reduce(削減):配送ルートの最適化による総走行距離の削減
  • Replace(置き換え):既存集配車両の低燃費車への交換
  • Revolutionize(変革):既存集配車両の代替燃料車両への切り替え

さらに、本レポートは航空機の燃料削減を進めているFedEx Fuel Senseプログラムについても報告しています。FedEx Fuel Senseプログラムは、2007年以降、10億ドル分以上のジェット燃料の節約と、400万トン以上の二酸化炭素の削減を実現しました。FedEx Fuel Senseチームは、航空機の全航程における効率化に取り組んでいます。航空機に携わるすべてのチームメンバーは、燃料効率化を意識し、燃料節約につながる革新的な方策を見いだすよう求められています。

フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長であるカレン・レディントンは、次のように述べています。「フェデックスが構築したのは、グローバルな輸送ネットワークにとどまらない、より持続可能な世界をつなぐためのネットワークです。『グローバル・シチズンシップ・レポート』では、私どもが事業を展開する全ての地域においてポジティブな影響をもたらすという当社の決意をあらためて表明しています。アジア太平洋地域における1万7,000人以上のチームメンバー全員が目標達成に貢献しました。フェデックスは、持続可能なソリューションの実現に取り組み、今後もそのようなソリューションをお客様や地域社会に提供していく所存です」

 

「グローバル・シチズンシップ・レポート2016」のハイライトは以下のとおりです。

地域社会

2015年度、フェデックスは地域社会プログラムに5,300万ドル以上を拠出しました。特に、災害援助と復興、恵まれない青少年の雇用機会の確保、安全かつ持続可能な地域社会の実現に注力しました。また、2020年までに200以上の地域社会に2億ドルを投資して様々な機会を創出することや、世界中でポジティブな変化をもたらすための取り組みについても発表しました。

ボランティア活動はフェデックスの企業文化の要です。アジア太平洋地域では、毎年開催される「フェデックス・ケアズ・ウィーク(FedEx Cares Week)」の一環として、1,100人以上のフェデックス従業員がボランティアとして42の地域社会の取り組みに参加し、それぞれのニーズに応えました。

経済発展

従業員、サプライヤー基盤、多様な文化があってこそ、我々はお客様により良いサービスを提供することができます。フェデックスでは、小規模サプライヤーのほか、女性やマイノリティが経営するサプライヤーに対し、67億ドルを費やしました。購買プロセスの一環としてフェデックスのコーポレート・シチズンシップや二酸化炭素排出量削減の情報を評価するお客様との2015年度における取引額は62億ドルに達しました。

環境

フェデックスは、木くずから作られた代替ジェット燃料を購入するため、コロラド州に拠点を置くRed Rock Biofuels社と契約を締結しました。第一弾として、2017年からオークランド(米・カリフォルニア州)にあるハブ施設でジェット燃料600万ガロンに混合し、その後、8年をかけて最終的に4,800万ガロン以上を生成する予定です。フェデックスは、太陽光エネルギー産業協会(Solar Energy Industries Association:SEIA)が今年発表した「Solar Means Business」レポートにおいて、太陽光発電能力で12位、太陽光発電施設数で18位にそれぞれランクインしました。2015年度に新たに太陽光発電施設を5カ所に設置したことで、当社の太陽光発電システム数は合計15カ所となり、二酸化炭素換算で4,600トンを削減しました。

従業員

フェデックスの安全対策は常に改善されています。2015年度の休業災害発生率は昨年度比で4%改善しました。回避可能な車両事故率は約6%改善しました。

受賞および表彰

  • フォーチュン誌「世界で最も賞賛される企業」
  • コーポレート・レスポンシビリティ・マガジン誌「企業市民ベスト100社」
  • エーオンヒューイット社「ベスト・エンプロイヤー(アジア太平洋地域)」

◎グローバル・シチズンシップ・レポート2016

http://csr.fedex.com/ (英語のみ)

You may also like:

May 25, 2018

From Cardboard Box to Robotic Wall

More like this in blog

More
August 8, 2016

Mystic River: How to Heal a Waterway

More like this in blog

More