FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス、ジャイアントパンダ2頭を中国から英国に輸送

December 5, 2011

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、2頭のジャイアントパンダを載せた同社のボーイング777型フレイターの特別チャーター機「フェデックス・パンダ・エクスプレス」が12月4日(日)現地時間13:00(日本時間22:00)に英国・スコットランドエジンバラ国際空港に着陸したことを発表しました。

「フェデックス・パンダ・エクスプレス」は、12月4日(日)朝に中国・成都を出発し、陸路を経由して雌の甜甜(ティアンティアン:「かわいいもの」の意、8歳)と雄の陽光(ヤングアン:「陽光」の意、8歳)をスコットランドのエジンバラ動物園まで輸送しました。英国でジャイアントパンダが飼育されるは約17年ぶりのことです。

2頭のパンダは「フェデックス・パンダ・エクスプレス」内でそれぞれ特別にしつらえた大型のコンテナに収容され、“機内食”として用意された笹、リンゴ、人参、スペシャルパンダケーキやミネラルウォーターなどを食べながら自由に動き回ったり、透明なプレキシガラスの檻の中から外の様子を覗いたりと快適な空の旅を送りました。フライトにはエジンバラ動物園と中国・雅安碧峰峡大熊猫保護基地から獣医1名と飼育係2名が同乗し、2頭を細心の注意を払って見守りました。

今回、機長を務めたのは、シロサイやペンギンなど世界有数の希少貨物の輸送を経験しているベテランのパイロット4名(ポール・カッセル、ボブ・ガスコ、ジェームズ・ゴーマン、ビル・マクドナルド)でした。

フェデックスはこの輸送に世界で最も燃費効率に優れた航空機の1つであるボーイング777型フレイターを使用しました。同機の使用により、途中給油の必要がなく、最短の輸送時間でエジンバラまで到着できただけでなく、搭載された騒音低減技術により、貨物室においても静かなフライトを実現できました。

甜甜と陽光はスコットランド到着後、VIP(Very Important Pandas)として最大限の安全を確保するために警察が護衛した特別塗装を施したフェデックスの車両でエジンバラ動物園まで輸送されました。

「フェデックス・パンダ・エクスプレス」で移動中の甜甜と陽光の様子は、特設専用サイトにて公開されています。
http://blog.fedex.com/panda-express(英語のみ)

 

フェデックスの希少貨物輸送経験
フェデックスは長年にわたり希少でデリケートな貨物を輸送してきました。2010年2月には、米ワシントンDCの国立動物園にいたタイシャン(雄)とジョージア州のアトランタ動物園にいたメイラン(雌)のパンダ2頭を中国まで輸送したほか、2003年には中国からテネシー州メンフィス動物園まで2頭のジャイアントパンダを運びました。さらに2000年にはタイシャンの親パンダを中国からワシントンDCの国立動物園まで輸送しました。

このほかにも北極熊やホワイトタイガーをはじめ、象やペンギンからマウンテンライオン、ゴリラ、ワシ、そして映画『ジョーズ』の撮影に使われた全長13フィート(約4メートル)のイタチザメまで数多くの珍しい貨物の輸送経験を誇っています。

生物以外でもデンマークの風車やゴルフのライダーカップ、ル・マンを走行した100万ポンドを超える価値を誇るジャガー製ビンテージカーなどの国際輸送実績も有しています。

You may also like: