FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス、室伏広治選手(ミズノ)を招いて 1日クーリエ(集配担当者)体験を実施、 クーリエに扮した室伏選手が顧客企業を訪問

February 6, 2007

フェデックス、室伏広治選手(ミズノ)を招いて
1日クーリエ(集配担当者)体験を実施、
クーリエに扮した室伏選手が顧客企業を訪問

室伏選手がフェデックスの『迅速』かつ『高い信頼性』に基づくサービスを実践
国内におけるさらなるブランド強化を図る

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は本日、室伏広治選手(ハンマー投げ・ミズノ)を招き、フェデックスのクーリエと共に『迅速』かつ『高い信頼性を持つ』フェデックスの国際航空貨物 の集配を実践していただきました。日本の陸上界を代表する室伏選手を起用したこの1日クーリエ体験を実施することで、フェデックスは、日本市場におけるコ ミットメントおよびさらなるブランドの強化を図ります。

クーリエ体験当日、フェデックスのクーリエに扮した室伏選手は江東区の新砂営業所で他のクーリエに向け挨拶をし、ともに準備運動を行った後、顧客企業の元へ出発しました。(注:当日の様子は写真を参照下さい)

今回のクーリエ体験について室伏選手は「普段フェデックスのクーリエの方が行っているように、『お客様の期待を上回る』ということを意識しました。 国際航空貨物の輸送にはスポーツと同様に高いレベルでのスピードと信頼性、また確実性が求められることがわかりました。全体を通じてフェデックスの皆さん のチームワークが良かったこともあり、そのお陰で楽しむことができました」と話しています。

フェデックス マネージングディレクター 日本地区業務担当のジェレミー ゴールドストリッチは「日本を代表するトップアスリートである室伏選手とフェデックスが協調して『最高のパフォーマンス』を実践できたことを大変誇りに思 います。室伏選手とフェデックスが共有する『最高のパフォーマンス』や『チームワーク』といった価値観を今後のサービス提供にも活かしたいと思います」と 話しています。

フェデックスは現在アジア太平洋地域でブランドキャンペーン『WeLiveToDeliver(日本語タグライン:届けたい想いが、空を越え る。)』を展開しています。今回、室伏選手をはじめとする世界トップクラスのスポーツ選手を起用した「スポーツ スポンサーシップ プログラム」は、同キャンペーンの一環としてフェデックスが事業を展開する各国の市場で行われるものです。なお日本国内においては2006年11月に室伏 選手と3年間のスポンサー契約を締結したことを発表しています。

フェデックスはアジア太平洋地域の他にもスポーツ分野におけるスポンサー活動を通じて、 世界中でスポーツ関連組織や団体、アスリートを支援しています。これはフェデックスが顧客に提供する「最高のパフォーマンス」や「チームワーク」、また 「信頼性」や「スピード」といったサービスに対する理念が、世界屈指のアスリートが持つ価値観と共通することによるものです。日本以外でフェデックスがス ポンサーする代表的な例として次のようなスポーツが挙げられます:

  • NFLのオフィシャル ロジスティクス プロバイダー
  • PGAツアーのオフィシャル ロジスティクス プロバイダー
  • ジョー ギブス レース(Joe Gibbs Racing)のオフィシャル ロジスティクス プロバイダー
  • NBAのオフィシャル ロジスティクス プロバイダー
  • フォーミュラ1:ウィリアムズ F1チームの公式スポンサー
  • ワシントンで開催されるフェデックス フィールド
  • 20年の歴史を持つフェデックス セント ジュード クラシック(テネシー州メンフィス)
  • フェデックス フォーラム(テネシー州メンフィス)
  • 全仏オープンテニスの公式スポンサー(フランス パリ郊外 ローランギャロス)
  • ラグビーのハイネケンカップとヨーロッパチャレンジカップの公式スポンサー

You may also like: