FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス、広告キャンペーン 「現地の確かな知識」を活かして アジア太平洋地域のお客様にソリューションを提供

November 6, 2013

FedEx Express logo

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス、アジア太平洋地域社長:ディビッド・L・カニングハムJr.)は、グローバルなマーケティング・広告キャンペーン「FedEx. Solutions Powered by People(フェデックス。人が生み出すソリューション)」の展開を発表します。新たに制作される広告のテーマとなるのは、アジア太平洋地域、そして世界中のフェデックスのチームメンバーが持つ、現地の確かな知識です。彼らの知識が、フェデックスのグローバル ネットワークの中でいかに活用され、大小さまざまな規模の企業に国内外でのビジネスチャンスをもたらしているかが、この広告によって明らかになります。

 

この新たな広告キャンペーンは、中国、香港、日本、台湾、シンガポール、韓国を含む数多くの市場の複数の媒体で11月初旬から開始されます。今年のキャンペーンでも訴求対象とするのはアジア太平洋地域の総企業数の90%を占める1 中小企業のお客様です。こうした企業にとっては、接続性と可視性を高めてプロセスを簡素化することが、変化を続ける市場においては何よりも重要となります。

 

ェデックス サービスのマーケティング担当上級副社長であるラジェッシュ・スーブラマニアンは次のように述べています。「フェデックスのビジネスは世界220以上の国と地域に拡大していますが、当社が、お客様にグローバルソリューションを提供することに秀でているのは、各地で働くチームメンバーが持つプロの洞察力と知識のおかげです。これによって、お客様は地元のみならず国際的にもビジネスを拡大するチャンスが得られます」 

 

また、フェデックスのアジア太平洋地域マーケティング担当副社長、マルコム・サリバンは次のように述べています。「ビジネスチャンス、成長の芽を国外に求める中小企業は次第に増えています。そこで重要になるのは、早い段階で適切な輸送業者を見つけることです。フェデックスは、アジア太平洋地域の熱意あふれる18,000人のチームメンバーのたゆまぬ努力と柔軟なソリューション、知識、経験によって、グローバルな成功への道を歩む中小企業のお客様のパートナーとなっています」

 

この新しい広告では、フェデックスのソリューションに関する3つのテーマに焦点が当てられます。3パートに分かれた広告の最初のテーマは「現地の確かな知識」で、地域ごとに異なる事情に対する深い知識と理解を、当社がいかに世界全体で活用できているかを伝える内容となります。「Near and Far(近くへも遠くへも)」をテーマとする次のパートでは、対照的な国際都市のイメージを鮮やかに描き出し、近距離の輸送にも全世界をカバーする遠距離の輸送にも対応したソリューションが、当社のネットワークによって提供されていることを紹介します。最終パートのテーマは「Tracking and Visibility(追跡と可視性)」で、特に中小企業に対してグローバルな貨物管理サービスを提供する、当社の洗練されたテクノロジー、アプローチ、システムに光が当てられます。

 

本キャンペーンは、主要な新聞・雑誌(オンライン版を含む)での広告、サーチエンジンマーケティング、さまざまな屋外広告のほか、モバイルチャネルでも展開されます。また、キャンペーンをサポートする形でfedex.comウェブサイトへのランディングページ、お客様にフェデックスについて語っていただく動画も用意され、国境を越えてビジネスを拡大しようとするビジネスリーダーの皆様が革新的な輸送ソリューションに関する情報を補います。

 

 

1 APEC 2013, http://www.apec.org/Press/News-Releases/2013/0907_smewomen.aspx

You may also like:

April 2, 2018

The Legacy of Dr. Martin Luther King Jr.

More like this in blog

More
March 21, 2018

The Gift of a Lifetime

More like this in blog

More