FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス名古屋市および一部の豊田市におけるサービスを改善

September 26, 2011

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、10月3日(月)より愛知県名古屋市および豊田市の一部地域
(郵便番号が471-00xx、471-08xx、471-85xxの地域)でのサービスを改善いたします。

今回のサービス改善により、アジア、ヨーロッパ、アフリカからの輸入貨物の配達所要時間を一営業日短縮するほか、北米およびラテンアメリカからの輸入貨物について配達のお約束時間を現在の午後6時から正午に短縮いたします。

対象となるサービスは、以下の各サービスです。
●アジア、ヨーロッパ、アフリカからの配達所要時間の一営業日短縮
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)
・ フェデックス・インターナショナル・エコノミー(IE)
・ フェデックス・インターナショナル・エコノミー・フレイト(IEF)

●北米、ラテンアメリカからの配達のお約束時間の変更
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)

愛知県では、東日本大震災以降、県内生産量が大幅に減少していましたが、5月から上昇に転じ、6月には震災前の9割の水準にまで回復しています。愛知県景気動向指数でも、景気の先行きを示す先行指数が2カ月連続で前月を上回るなど、回復基調が見られます※1

フェデックス北太平洋地区担当副社長の氏家 正道は、「フェデックスでは常にお客様により良いサービスをご提供できるよう、サービスの改善に努めております。この度のサービス改善により、名古屋市、豊田市のお客様がさらに便利に当社のサービスをご利用いただくことができ、域内の経済回復のお役にたてることを願っております。」と語っています。

フェデックスでは、お客様のニーズに合わせたより良いサービスを提供すべく、世界中のネットワークの最適化に努めております。国内でも、本年5月に首都圏内の同日配送対象エリアを拡大するなど、お客様により便利なサービスの提供を実現しています。

※1 「愛知県経済四季報(平成23年4-6月期)」愛知県県民生活部統計課発表(2011年9月2日)

You may also like: