FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス キンコーズ、アジア太平洋地域の事業拡大を加速

August 14, 2007

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社 フェデックス コーポレーションの子会社であるフェデックス キンコーズ オフィス アンド プリント サービス(FedEx Kinko’s Office and Print Services、以下「フェデックス キンコーズ」)は本日、中小企業とモバイルプロフェッショナルからの要望の高まりに応えるべく、2008年6月までに日本国内に新しく4店舗、アジア太平 洋地域全体で19店舗を開設する計画を発表した。

日本における事業拡大は、本年度中に320の新店舗を追加する世界的な計画の一環で、このうち、300店舗が米国内に、19店舗がアジア太平洋地域に、1店舗がカナダに設置される。日本の4店舗に関しては、東京と大阪への設置を予定している。

フェデックス キンコーズのアジア太平洋地区 バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるジェイムズ ブリガンスは「フェデックス キンコーズにとって、日本は、世界で2番目に大きい市場であり、今回の事業拡大計画は、日本国内において、私たちが高まる需 要に応えながら、確実に成長し続ける手助けとなると信じています。なかでも、中小企業は日本の経済成長に中心的役割を果たす存在であり、モバイルプロ フェッショナルはその手足となって動いています。フェデックス キンコーズはこの分野の成長を支え、そこからメリットを得る絶好の位置にあります。目標は、アジアの小規模企業や支店で働くモバイルプロフェッショナルに とってのバックオフィスになることです」と話している。

フェデックス キンコーズの社長兼CEOであるケネス メイは次のように話している。「我々は、2008年度までに営業日1日あたり1店舗を追加していく計画です。世界中で店舗を増やし、必要に応じてオフィ ス、印刷、貨物輸送サービスを利用できるワンストップショップとしての利便性を高めていきます」

日本におけるフェデックス キンコーズ
日本には現在、東京、大阪、福岡、広島、神戸、小倉、京都、長崎、名古屋、横浜に、68のフェデックス キンコーズ店舗があり、以下のようなサービスとビジネス ソリューションを提供しています。

  • フェデックス キンコーズ ドキュメントサービス – デジタル接続環境さえあれば、高品質のデジタル印刷とコピーを利用できます。
  • フェデックス キンコーズDocStore – 自分のコンピューターで印刷した文書を頻繁に更新してフェデックス キンコーズの店舗に送信し、必要な時に必要な分だけ印刷および配布できます。
  • フェデックス キンコーズ ビジネス ステーショナリー システム – オンラインツールを使い、名刺や文房具を管理、注文、配布できます。
  • フェデックス キンコーズ モバイルプロフェッショナル プログラム – 出張中でも、年中無休24時間営業でデジタル接続しているフェデックス キンコーズ店舗にアクセスできる特別なサービスです。

以上

You may also like: