FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス 首都圏で輸入貨物の配達所要時間を短縮

November 8, 2011

世界最大の国際総合航空貨物輸送会社フェデラル エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、11月7日(月)より成田国際空港到着・輸入通関許可受諾後の同日配送対象エリアを拡大いたします。

今回のエリア拡大により、世界中の各地域から以下の市区町部への輸入貨物の配達所要時間を従来より一営業日短縮いたします。

東京都町田市の一部(郵便番号が194-00xxの各町)、国立市、小平市、小金井市
神奈川県海老名市、座間市、厚木市、横浜市戸塚区、同保土ヶ谷区、同磯子区、同泉区、
相模原市中央区、同南区
埼玉県新座市、朝霞市、和光市

対象となるサービスは、以下の各サービスです。
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)
・ フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)
・ フェデックス・インターナショナル・エコノミー(IE)
・ フェデックス・インターナショナル・エコノミー・フレイト(IEF)

フェデックス北太平洋地区担当副社長の氏家 正道は、「フェデックスでは、全世界での社内ネットワークの最適化を通じて、お客様により良いサービスをご提供できるよう努めております。この度の配達所要時間の短縮に加えて、8月には横浜営業所も移設、拡張し、サービス改善に向けてネットワークを強化しています。これからもお客様のビジネスをサポートし、信頼と時間に正確な輸送サービスを提供できる改善策を提案してまいります。」と語っています。

フェデックスでは、首都圏の同日配送対象エリアの拡大を2010年4月に初めて実施し、以降順次そのエリアを拡大しています。

You may also like: