FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

June 25, 2019

フェデックス グローバル・シチズンシップ・レポートを発表

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、グローバル・シチズンシップ・レポート2019年版を発表しました。本レポートは、フェデックスが、責任と共に臨機応変に人々と地域社会をつなぐために行っている取り組みを、詳しく紹介するものです。11年目となるこの報告書は、フェデックスの2018年度(2017年6月〜2018年5月)における社会的目標の達成状況に関する情報を掲載し、社会的責任戦略を3つの主要分野に分けて取り上げています。主要分野とは、フェデックスのお客様および事業の飛躍的な成長(経済)から、環境に対する対策の促進(環境)、そして従業員の潜在能力への焦点(人材)です。 フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは以下のように述べています。「フェデックスの比類ないグローバルネットワークは、当社の人材、事業そして環境への取り組みの機会を大きく躍進させました。グローバル・シチズンシップ・レポートは、世界中のフェデックスの従業員が成し遂げた好事例や、アジア太平洋地域が当社のグローバルビジョンに基づいて実行した貢献の集大成です。進捗状況は喜ばしいものですが、活動は終わることなく継続されます。フェデックスは世界中の経済や地域社会のために人々の連帯を維持し、可能性を届けるべく、当社の資源、規模そして専門性を駆使してフェデックスの『乗数効果』を創造し続けます。」 増幅する成長 2018年度のフェデックスの売上高は650億米ドルを超え、2017年度比で9%増加、そしてフォーチュン誌米国企業500社の中で50位になりました。フェデックスは成長を加速し続け、当社がサービスを提供する地域経済の持続的な成長に寄与しました。 フェデックスはアジア太平洋地域において、地域内の輸送ネットワークを拡大させ、世界中のより多くの機会とお客様を結びつけるため、新たにフライトルートを導入してきました。例えば、2018年にベトナムのハノイとフェデックス アジア太平洋地域のハブがある中国・広州とを結ぶ新しいフライトルートを就航、さらにはオーストラリア・シドニーとシンガポールを結ぶルートも就航し、これらのマーケットにおけるビジネスの発展に寄与しています。新たなフライトルートは世界貿易への利便性の高いアクセスを提供し、国際的なビジネスの拡大をサポートしています。 起業家精神はフェデックスの企業文化に深く根付いています。当社は「FedEx/Junior Achievement International Tarde Challenge – ビジネス・アイデア・コンテスト」を通じて、学生の起業家精神を育成し、「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」を通じて既存の起業家を支援する取り組みに注力しています。これらのプログラムでは、実務的な経験や、フェデックスのアドバイザーからのインサイトを提供したり、グローバルな領域へとビジネスを拡大したいと願う中小企業へのサポートとして補助金や資源を提供したりしています。 増加する慈善活動 企業の社会的責任は、フェデックスが世界中で創造している「繋がり」の根幹に当たるものです。当社戦略の重要な要素には、環境効率の革新、持続可能なサプライチェーン、多様性のある包括的な職場環境、そしてフェデックス ケアズ(FedEx Cares)と呼ばれる地域社会への貢献活動が含まれます。 当社は2020年までに、200を超える世界中の地域社会へ2億米ドルを投資するという フェデックス ケアズ目標の計画を前倒して実行中です。フェデックスは、すでに200を超える地域社会に投資しており、総寄付額目標の早期達成を目指しています。当社は2018年度、5,500万米ドルを超える金額を慈善寄付に投じました。 アジア太平洋地域では、フェデックスの従業員が、2018年度のフェデックス ケアズ・プログラムにて3000時間を上回るボランティア活動を行いました。フェデックスの従業員が定期的に支援している団体の一つにセーフ キッズ(Safe Kids)があります。セーフ キッズは、中国、韓国、フィリピン、タイ、ベトナムで、子供たちの歩行者交通安全を促進し、安全に登下校できるようにスクールゾーン(Safe School Zones)を創設しています。 増幅する業務効率 フェデックスは、より効率的で革新的なソリューションをつくり出す傍ら、環境負荷低減、生産性向上に向けたReduce, Replace, Revolutionize (削減、置き換え、変革)戦略を通じて二酸化炭素排出量を削減することに大きな進歩を遂げました。全体として、売上高が84%まで増加した2009年度以降、これらの取り組みは企業全体の売り上げベースで二酸化炭素排出量の37%の削減に貢献しています。フェデックスは、燃料削減・省エネルギーへの取り組みにおいて、前年度単年で二酸化炭素270万トン以上を削減しました。 アジア太平洋地域ネットワークに、より効率的なボーイング757、767、および777を投入し、航空機の二酸化炭素排出量を2020年までに2005年のベースラインから30%削減するという目標に貢献しました。例えば、2018年7月にマレーシアで、ボーイング767-300貨物輸送機を投入し、輸送能力を強化しながら燃料効率を30%高めました。 フェデックスは燃料の使用量および排出量を更に削減するため、2018年に中国の13都市で電気自動車を48台投入しました。当社のReduce, Replace, Revolutionize(削減、置き換え、変革)アプローチにより車両効率が2005年のベースラインから39.6%改善しました。 増幅する可能性 フェデックスは、世界中の従業員450,000人の努力無くして存在できないと考えており、それは、フェデックスが労働環境を含めて、従業員の安全確保に努める理由でもあります。 2018年度において当社は以下の取り組みを実施しました。 • 従業員一人当たり平均19時間の研修。 • 8,800人以上の従業員に、教育費補助として総額1,100万米ドルを助成。 フェデックスは、アジア太平洋地域ならびに世界で最も賞賛される雇用主として選ばれており、エーオンヒューイット社が選出する、アジア太平洋地域のベスト・エンプロイヤーにも6回選出されました。また今年初頭には、フォーチュン誌の「世界で最も称賛される企業」第10位を獲得しました。フェデックスは、19年連続で上位20位に入り、その内の15年はトップ10入りを果たしています。

More
June 11, 2019

フェデックス、ビジネス・アイデア・コンテストを開催し結果を発表

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、6月8日(土)に都内で、企業規模200人以下の事業者を対象とした「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」最終選考会を実施しました。有効応募数54組の中から、書類選考を経て最終候補者に残った10組の参加企業が、それぞれのビジネス・アイデアを発表し、優勝者と準優勝者が決定されました。 最終選考会には、広島大学の牧野恵美准教授を招き、3名のフェデックスのマネジメントとともに審査が行われました。中小企業がグローバルにビジネスを拡大するための、最も革新的なアイデアを発表して優勝したのは、株式会社ミューで、賞金として2,750,000円が授与されました。準優勝は一般社団法人WheeLog (ウィーログ)で、賞金として1,100,000円が贈られました。 北太平洋地区担当副社長の氏家正道は以下のように述べています。 「このコンテストには多くの企業からのエントリーがあり、大変嬉しく思うとともに、日本のスタートアップや中小企業のみなさんのビジネス拡大に対する熱意を感じ取ることができました。最終選考会はアイデアの審査に加えて、応募企業の交流の場としても大いに活用されました。このコンテストが、グローバルなビジネス拡大に向けた、新たなきかっけや、コラボレーションなどの可能性を、参加者に提供できたのであれば何よりです。」 優勝した株式会社ミューの代表者は、「他の参加者のビジネス・アイデアが素晴らしかったので、まさか優勝できるとは想像しておらず、本当に嬉しく思います。今回の受賞を励みに頑張っていきたいと思います」とコメントし、準優勝の一般社団法人WheeLogは、「私だから、車椅子だから、健常者だから、みんなで情熱を持って出来ることをイメージしながら世界展開を夢見てきました。今回の受賞を糧に当初から目指していた国際化へと邁進してゆきたく思っています」と、近い将来の夢の実現に向けた抱負を、喜びとともに語りました。 フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテストの結果と各企業のビジネス概要 優勝 株式会社ミュー  全消化管を苦痛なく、一度に検査できる自走カプセル内視鏡検査システムを開発。消化管の癌を早期発見することができ、世界の人々の健康、長寿と、生活の質の向上に寄与。 準優勝 一般社団法人WheeLog スマホアプリで、バリアフリーマップを提供するWheeLog!サービスを運営。車いすの走行ルートや施設のバリアフリー情報をユーザーが発信でき、世界中のバリアフリー情報を世界のユーザーと共有できるソーシャルバリアフリーマップです。アプリは無料提供。 フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテストは、世界市場に向けて事業を拡大し夢を実現しようとする中小企業を、フェデックスが支援するものです。2012年に米国で始まった本コンテストはその後に他国に広がり、日本では今回初めて開催されました。本年は米国、中国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、ブラジル、チリ、メキシコでも開催され、意欲的な中小企業による新たなアイデアを募る予定です。

More
May 31, 2019

フェデックス、AEO制度の特定保税運送者の承認を受ける

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、東京税関より、貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された事業者として承認・認定されるAuthorized Economic Operator (AEO)制度の、特定保税運送者の承認を受けたことを発表します。5月21日には交付式が行われ、東京税関長から承認書を授与されました。 フェデックスは今回の承認により、特定委託輸出申告制度を利用して、該当する輸出貨物の輸送のすべての工程を、フェデックスのネットワークで一貫して行うことができます。集荷から配送まで(ドアツードア)の自社輸送ネットワークによる輸送は、該当の輸出貨物およびそれにかかる情報セキュリティ管理、また輸送品質管理をより厳密に実行することができ、さらに信頼性の高いサービスへの提供へと繋がります。 特定委託輸出申告制度は、特定委託輸出申告にかかる貨物について、保税地域以外の場所から、輸出者の委託を受けて航空機への積込空港まで輸送できる制度です。特定委託輸出申告制度の自社のネットワークへの適用は、AEO制度の認定通関業者と、特定保税運送者の2つの承認を受けることが必要です。 フェデックスはこの度、インテグレーターとして初めて特定保税運送者の承認を受けました。過去には2012年2月に特定保税承認者、また、2013年6月には認定通関業者に承認されており、今回はフェデックスにおけるAEO制度の3件目の承認です。

More
April 4, 2019

フェデックス、新卒社員を迎え入社式を開催

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は4月1日、新卒社員10名を迎え、同社の幕張オフィスにて入社式を行いました。 4月1日に入社した社員は主に東日本の各営業所に配属され、通関部門、地上業務部門、空港業務本部にて専門のトレーニングを受けて経験を積むこととなります。入社式では新卒の社員が多く配属される部門を統括する、日本地区地上業務担当 マネージングディレクター 道上 淳之介が祝辞を述べ、人を第一に考えるフェデックスの企業文化、P-S-P (People(人)-Service(サービス)-Profit(利益)について解説しました。また、フェデックスが掲げるPurple promise -お客様に最高のFedEx体験をお届けする- に対する、従業員による貢献への期待を述べました。 入社式には、北太平洋地区営業副社長の久本 賢も参加し、新卒社員を迎えて祝辞を述べ、ビジネスを成功に導くための、オペレーション部門と営業部門との連携の重要性について説明しました。 10名の新卒社員はフェデックスに入社するにあたり、目標や将来の自分像について、「希望していたグローバルなビジネス環境でキャリアをスタートさせることができ、心躍る気持ちであると同時に、全く新しい環境に不安も覚えています。フェデックスでは、従業員がチャレンジできる機会が多くあると聞きました。これからフェデックスで新しい人に会い、コミュニティを広げて学び、仕事をする上で積極的にチャレンジし、自身のスキルや能力、人間性を高めていきたいです。」と発表しました。 入社式の後には、オリエンテーションが開始されました。新卒社員はすでに、成田空港での業務を見学しており、今後のオリエンテーションでは会社および組織に関する知識を得るためのレクチャーや、社会人としてのビジネスマナー講習を受ける予定です。オリエンテーションの最後には、オペレーションやお客様への接し方を学ぶため、配送車両に乗ってクーリエの仕事を見学する「クーリエ・ライド」を経験する予定です。

More
March 27, 2019

フェデックス、ジョブシャドウで高校生の進路選択を支援

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は3月26日、幕張オフィスに高校生を招き、働く人の仕事に対する姿勢を見て学ぶプログラム、「ジョブシャドウ」を実施しました。 今回は、千葉県立千葉西高等学校の13名の生徒各1名に、フェデックスの従業員1名が寄り添い、フェデックスのカスタマーサービス、IT、エンジニアリング、マーケティングの部各担当従業員とジョブシャドウを体験しました。その後の従業員との座談会では、学生時代からどのようなプロセスを経て現在の仕事に従事しているかなど、従業員の体験談を聞きました。 ジョブシャドウ・プログラムに参加した学生は、「パソコンを使ってITサポートする部署のシャドウをしたが、技術的な知識に加えて、英語を使ってサポートをしていたので驚いた。勉強も色々な科目や分野を学んでいくことが大事なのかなと感じました。仕事は自分の役割を行うだけではなく、思っていた以上に色々な人達との関わりがあるということが理解できた」と感想を述べました。 本プログラムは、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が行う演習プログラムの一つで、学生が将来の職業や進路選択を行う際の参考としてもらうことを目的としています。学生は、仕事をしている人の職場で1日の行動を共にし、仕事に対する熱意、仕事をする上での緊張感や厳しさも観察・体験して、仕事を通じて支えあう共存社会と、働くことの意味や社会における役割を学びます。 フェデックスは2007年より、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本のジョブシャドウ・プログラムで高校生をオフィスや施設に受け入れ支援を続けています。

More
March 18, 2019

フェデックス、中小企業を対象とした ビジネス・アイデア・コンテストを開催

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、企業規模200人以下の事業者を対象に「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」を開催し、本日から2019年4月21日の間にコンテストへの参加者を募集します。 「フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト」は、世界市場に向けて事業を拡大し夢を実現しようとする中小企業をフェデックスが支援するものです。コンテストは、応募されたアイデアを書類審査し、10組の最終候補者を選出します。最終候補者は最終選考会でプレゼンテーションを行い、フェデックスのマネジメントおよび外部専門家による審査を経て、革新的で優秀なアイデアを提案した2組の受賞者を決定します。優勝1組には2,750,000円、準優勝1組には1,100,000円の賞金が贈られます。 北太平洋地区担当副社長の氏家正道は以下のように述べています。 「このコンテストで、熱意ある事業者の、ビジネス拡大への革新的なアイデアを目にすることを期待しています。フェデックスは継続的に、日本の中小企業の海外へのビジネス拡大を物流面でサポートしており、このビジネス コンテストの開催で、中小企業の夢の実現への可能性を広げるお手伝いができると考えています。事業の拡大には明確なビジョン、事業者の情熱と行動力、そして資金が必要です。フェデックスが45年前の米国で14機の小型飛行機とともに操業を開始したように、多くの事業は小規模で始まるものです。我々はそのような中小企業の発展に貢献したいと思います。」 2012年に米国で始まった本コンテストはその後に他国に広がり、日本では今回初めて開催されます。本年は米国、中国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、ブラジル、チリ、メキシコでも開催され、意欲的な中小企業による新たなアイデアを募る予定です。 【フェデックス・スモール・ビジネス・アイデア・コンテスト概要】 参加者募集・選考資料提出: 2019年3月18日~4月21日 最終候補者発表: 2019年5月20日 最終選考会: 2019年6月8日 ■コンテスト詳細と応募方法 以下のサイトを参照 https://jp.grantcontest.fedex.com/

More
February 1, 2019

フェデックス、決済オプションとしてPayPal(ペイパル)を追加

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、輸送サービス利用時の支払いに、オンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)を決済オプションとして追加しました。 フェデックスでは以前より、請求書と支払のデジタル化を進め、お客様により柔軟な料金支払オプションを提供することに努めています。PayPalでの支払は、フェデックスの請求書をデータで受け取ることができる、フェデックス ビリング オンラインに登録することで利用可能になります。フェデックス ビリング オンラインの画面には、支払オプションの選択肢としてPayPalのアイコンが表示され、クリックするとPayPalのサイトに誘導されます。PayPalでの支払いが完了すると、フェデックス ビリング オンライン上でも確認できるため、支払とその管理も容易です。 フェデックス ビリング オンラインでは、従来の紙の請求書と同じ内容の電子請求書を受け取ることができます。加えて、利用した輸送サービスの詳細の確認、および複数の請求書の支払管理などもオンライン上で行えるツールです。PayPalでの支払いのほか、各種クレジットカード(Visa, MasterCard American Express, JCB)の利用が可能です。 PayPal は世界で2億5千万人以上が利用する、「かんたん&安全な」オンライン決済サービスです。クレジットカード、デビットカードまたは銀行口座を PayPalのアカウントに登録することで、ログインするだけで支払が可能になります。 北太平洋地区担当副社長の氏家正道は以下のように述べています。 「フェデックスは常にお客様の声に耳を傾け、サービス利用時の利便性の向上に力を入れています。日本政府によるキャッシュレス決済の普及が推進される環境の中、お客様からも、支払オプションの柔軟性が求められています。フェデックスでは中小企業のお客様も増えているため、今回の支払いオプションの追加が、国外へとビジネスを拡大する中小企業の業務効率化の一助となれば幸いです。」

More
January 30, 2019

フェデックスがフォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」で第10位を獲得

香港、2019年1月24日 ‐ フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)は、フォーチュン誌が発表した「世界で最も賞賛される企業」調査で今年もランクインを果たし、総合で第10位を獲得しました。この調査では、財務業績と企業評価に関する9つの属性を測定されます。 フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長、カレン・レディントンは、「フォーチュン誌の『世界で最も賞賛される企業』トップ10に今年もフェデックスがランクインしたのは大変喜ばしいことです。アジア太平洋地域のチームメンバーたちがこの結果に大いに貢献してくれました。また、今回のランクインには、フェデックス独自の文化が反映されていると言えます。私たちは人を一番に考える経営哲学のもと、お客様に最高品質のサービスと素晴らしい体験を提供できるよう心がけており、それが、人々がフェデックスで働くことを望み、フェデックスのサービスを利用したいと思ってくださる理由だと考えています」と述べています。 フェデックスがフォーチュン誌の「最も賞賛される企業リスト」で上位20位に入ったのは19年連続で、そのうち15年はトップ10入りを果たしています。 フォーチュン誌は、企業評価に関する本調査を行うに当たり、コーン・フェリー・ヘイグループと協力しました。コーン・フェリーはまず、売上高上位の米国企業1000社と、フォーチュン・グローバル500®に名を連ねる売上高100億ドル以上の非米国企業、合わせて約1500社を対象に調査を開始しました。続いて、29ヵ国の680社を調査し、国際市場で業種ごとに最大規模の15社、米国内で業種ごとに最大規模の10社を選出しています。さらに、アンケートに回答した上級管理職、取締役、アナリストらに自らの業界内の各社を、投資価値から社会的責任まで9つの基準をもとに評価するよう依頼し、その結果52業種のリストを作成しました。 企業がリスト入りするためには、業種別の調査で上位50%の評価を得ることが必要です。 全体の企業リストは同誌の2月号に掲載されます。フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」リストの詳細はhttp://fortune.com/worlds-most-admired-companies/をご覧ください。(英文)

More