FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

July 17, 2018

フェデックス、ビジネスアイデア コンテストにて学生の起業家精神育成を支援

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)と、若者の社会適応力を育成する経済教育団体、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本は、ビジネスアイデア コンテスト「フェデックス/ジュニア・アチーブメント インターナショナル・トレード・チャレンジ 2018」(日本語副題:「英語でチャレンジ!ビジネスアイデア コンテスト」)の国内大会を7月16日(月・祝日)に開催しました。 今年の課題は、「パプアニューギニアにおけるアウトドア製品の新規参入戦略」です。今年は34チーム(1チーム2名の構成)、合計68名の応募のうち、書類選考を通過した7チームが審査員の前で、ビジネスアイデアのプレゼンテーションを行いました。国内予選を勝ち抜き、日本代表として8月12日(日)~16日(木)にシンガポールで開催される国際大会に参加するのは下記の3チームです。 早川 さくらさん、植田 尚弘さんチーム:加藤学園暁秀高等学校  日本で開発された蚊を寄せ付けない繊維と、パプアニューギニアの伝統的な織物の技術を組み合和せた蚊よけ効果があるブランケットを提案。 奥村 瑛仁さん、藁科 慶伍さんチーム:加藤学園暁秀高等学校  パプアニューギニアで生産される原料を使用したサプリメントを提案。 西山 知樹さん、佐々木 健太さんチーム:本郷高等学校 パプアニューギニアの電力問題を解消する持ち運び可能な太陽発電シートの提案。 フェデックスの営業部 マネージングディレクター、また、ジュニア・アチーブメント日本の理事であり、審査員として参加したケン・マクマーンは以下のように述べています。 「参加した学生チームの皆さんは、熱意と起業家としてのスキルの両方を示すクリエイティブなビジネスプランの作成に取り組みました。ファイナリストたちは、ユニークな製品の市場参入のため、消費者ニーズの理解や解決策を導く能力を発揮し、魅力的なビジネスケースを発表しました。フェデックスは、国際的なつながりが強くなる世界において、貿易の発展と異文化交流をコミットメントの一環としており、ジュニア・アチーブメントとともに、学生たちが未来のビジネスリーダーとなる手助けができることを大変誇りに思います。」 参加した学生は、この大会を通して、世界の貿易、製品の流通、販売が市場環境においてどのような役割を果たすのかを実際に体験し学びます。チームワークに加え、ビジネスの場におけるリスク評価の基礎を学び、分析能力においても自信をつけます。フェデックスの従業員はボランティアとして、学生の相談やビジネスプランの開発を指導しました。 「フェデックス/ジュニア・アチーブメント インターナショナル・トレード・チャレンジ」の開催は、今年で12年目を迎えました。若い世代に、起業家精神がいかに生活の質の向上と、地域社会の改善に貢献するかについて考える機会を提供し、起業家精神を育成することを目的に実施しているプログラムです。国内予選を勝ち抜いた上位3チームは、日本代表としてアジア太平洋地域の9か国、日本、韓国、中国、香港、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、オーストラリアから54名が参加するシンガポールでの国際大会に参加します(2018年8月12日から16日)。国際大会では、国内大会までのペアではなく、くじ引きにより他国からの参加者と新たにペアを組んで国際的なコラボレーションを経験します。

More
July 10, 2018

フェデックス貿易動向調査: 日本の中小企業のビジネスにおいて、輸出の重要性が向上

国際総合航空貨物輸送会社であるフェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、日本を含むアジア太平洋地域の9つの市場において、中小企業の貿易活動に関する調査を実施しました。 前回調査(2016年)と比較すると、日本の中小企業のアジア太平洋地域外への輸出が増加し、輸出先も多様化していることが分かりました。また、テクノロジー面では、Eコマースが今後の収入増加に貢献するとして注目され、サプライチェーンの効率化のための新たな技術に期待が寄せられていることが分かりました。(詳細は添付のサマリー資料をご参照) 今回の調査では、日本の中小企業が輸出から得る収入額は平均698,000米ドルで、全体収入の41%を占めており、2016年の35%から増加しているため、輸出の重要性が増していることが推察されます。輸出先については、2016年に引き続きアジア太平洋地域が最も多いものの、その割合は98%から57%と減少しています。輸入においても、アジア太平洋地域以外との取引が64%にのぼり、輸出入ともに取引先が多様化しています。 貿易の懸念事項として、輸出入のどちらにおいても為替の動きを挙げる中小企業が最も多く、貿易相手国が多様化する中で、為替リスクが企業収入に大きな影響を与えるととらえています。 輸出に関する懸念事項についての回答では、顧客開拓を挙げる企業が上位を占める中(3位、27%)、その対応策の一つとして、Eコマースが寄与しています。新規顧客獲得のためにデジタルコマースを活用する日本の中小企業の多くは、今後1年間でEマースによって収益が増加すると見込んでおり(45%)、デジタル活用が更に大きく成長する可能性を秘めています。一方で、日本の中小企業のデジタル活用率は低く、Eコマース利用率は40%、ソーシャルコマースは28%、モバイルコマースは23%に留まります。これらの利用率はアジア太平洋地域全体の平均の半分以下であり、日本の中小企業がデジタル活用において、他のアジア太平洋地域の市場からは遅れていることがわかります。 物流や配送も、輸出入の懸念事項の上位に挙げられていますが(輸出:4位、24% 輸入:2位、25%)、ニューテクノロジーについては、多くの日本の中小企業がサプライチェーンや物流チャネルを効率化するために役立つと回答しています(54%)。ソフトウェアオートメーション、モバイル決済、ビッグデータおよびそれによる高度な分析がテクノロジーの中でも最も利用されており、アジア太平洋地域の平均と同じ順位となりました。しかし、その利用率は同地域平均よりかなり低く、ニューテクノロジー全体の利用率では日本の中小企業はアジアパシフィック地域の半分以下の利用率(22%。アジアパシフィック地域平均は57%)です。 このように、収入の増加やコスト削減のために輸出入の重要性が増大し、輸出入対象国が拡大する中で、為替変動の影響や、新たな顧客の獲得、新たな物流・配送ソリューションやオプションの導入などの様々な課題が生じています。その中で、Eコマースやニューテクノロジーの活用は大きなカギを握っており、輸出入ビジネスを成功させるポイントとして、更なる成長が見込まれます。 この調査は2016年に引き続き、各国でそれぞれ約500社の中小企業を対象に行なわれたものです。 調査概要 調査方法:オンライン・電話インタビュー 調査期間:2018年3月26日~4月9日 調査対象:アジア太平洋地区9か国※にある、従業員数249人以下の中小企業の上級管理者4,543人(うち日本企業507人) ※中国、香港、日本、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、ベトナム 調査会社:Harris Interactive

More
June 11, 2018

フェデックス、グローバル・シティズンシップ・レポート2018を発行

フェデックス・コーポレーション(フェデックス、本社所在地:米国テネシー州、会長・社長兼CEO:フレッド・スミス)は、「グローバル・シティズンシップ・レポート2018」をウェブサイトで公表しました。本レポートでは、責任と共に臨機応変に全世界をつなぐために、フェデックスがどのような取り組みを行っているかを詳しく紹介するものです。年に一度発行される本レポートでは、3つの主要分野(経済、環境、人材)におけるフェデックスの戦略と目標、プログラム、そして進捗状況についての最新情報をお知らせしています。また、2017年度(2016年6月~2017年5月)のフェデックスの社会的目標に対する達成状況に関するデータも掲載されています。 フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長であるカレン・レディントンは次のように述べています。 「自社のグローバルネットワークにより、フェデックスは企業の海外進出や世界中の人々や社会、企業の社会的発展をサポートすることができるのです。私たちはこれからも我々の専門性、規模、そしてネットワークを使って、環境を保護し、企業や社会の機会拡大をサポートしていきます。」 経済成長 フェデックスの2017年度売上は前年度を20%超え、初めて600億ドルを達成しました。Eコマースの記録的成長により物流業界図は変わりつつありますが、フェデックスはこの市場トレンドに対応し、小売店と協力することでお客様の発送と荷物の受け取りを容易にしました。 アジアでは、セブンイレブンと提携し24時間体制の発送サービス拠点を増やしました。その他、台湾でのiShipドロップオフサービスや香港、台湾のセブンイレブン5,000店舗以上で荷物の受け取りが可能となりました。加えて、香港では70か所にSelf-Service Lockersを設置し、受け取り方法を増やしています。 お客様はFedEx Delivery Manager®を使って、上記集配オプションを利用することができます。FedEx Delivery Managerはオーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾で利用可能なサービスです。 貿易において、アジア太平洋地域のビジネスの可能性を最大限活用するために、フェデックスでは2018年初めに、上海浦東国際空港に上海国際エクスプレスおよび貨物ハブを開設しました。本施設は中国東部の、特に米国と欧州に荷物を発送するお客様にアクセスと利便性を提供します。広さ134,000平方メートルの施設内には、カスタマーケア専用施設とコールドチェーン施設が完備されており、アジア太平洋地域で急成長しているヘルスケア関連貨物に対応しています。 全世界で機会を作り出し、前向きな変化をもたらすことを目的に2020年までに200のコミュニティに2億ドルを通しするという、フェデックス・ケアズの慈善贈与プログラムの進捗状況については、2016年の立ち上げ以降の2年間で世界各地の134のコミュニティに対して1億100万ドルを超える投資を行い、目標の半分を達成しました。 環境が増幅させる業務効率 フェデックスでは、「Reduce, Replace, Revolutionize(削減、置き換え、変革)」の活動を通して全世界で230万トンの二酸化炭素を削減しました。 2017年度には新機種の導入とFedEx Fuel Senseプログラムにより1億7,700万ガロンのジェット燃料の節減にも成功しました。FedEx Fuel Senseチームは社内の機体のオペレーションを通じて、効率性を特定することが課されています。機体に携わるすべての従業員が燃料効率に関する意識を改革し、燃料節約に向けた革新的な方法を模索しています。 フェデックスでは電気自動車を約300台導入し、電気自動車の保有台数は2,100台を超えました。また、フェデックス フレイトでは完全電気トラックのテスラ・セミを20台発注することを公表しました。 人材が増幅させる可能性 フェデックスの425,000人を超える世界中の従業員は、Purple Promiseへコミットし、「すべての人に最高のFedEx体験を」提供するために団結しています。その従業員に対して、フェデックスは皆が成長し成功できる安全な労働環境を提供しています。 フェデックスでは多くの従業員が自身の時間と才能をボランティアに費やしています。2017年度には、14,000営業日(1日8時間)に相当する11万1,200時間のボランティア活動を行いました。 受賞 ・フォーチュン誌「世界で最も賞賛される企業」 ・フォーチュン誌「Best Workplace for Diversity」 ・エーオン・ヒューイット「ベスト・エンプロイヤー企業」

More
April 20, 2018

フェデックス エクスプレス、中国・広州-米国・メンフィス間の新路線を就航

香港発、2018年4月19日-フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社であるフェデックス エクスプレスは、中国・広州白雲国際空港にあるフェデックス アジア太平洋地域ハブと米国・テネシー州メンフィスのフェデックス ワールド・ハブをつなぐ新路線を開通したことを発表しました。 現在、新路線で就航しているフェデックスのMD-11型フレイターは、増加する配送需要に対応するために5月にはボーイング777型フレイターに置き換えられる予定です。新路線では火曜日から土曜日の間に週5便が運航します。 広州出発のフライトは、4月中は大阪と米国・アラスカ州アンカレッジを経由し、5月からは大阪を経由してメンフィスへ向かいます。メンフィス出発のフライトは、火曜日から金曜日までは米国・インディアナ州インディアナポリスとアンカレッジを経由し、土曜日には米国・ハワイ州ホノルルとアンカレッジを経由しています。 フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長カレン・レディントンは以下のように述べています。 「当社の事業がアジア太平洋地域で拡大する中で、私たちはネットワークと航路を日々調整してマーケットのダイナミックな需要に対応しています。輸送における付加価値を高め、メンフィスのワールド・ハブにより早く、ダイレクトな路線を増やすことで、アジア太平洋地域でビジネスを行うお客様に、北米やそれ以遠へのコネクションにおける競争力を提供することができます」 アジア太平洋地域は、2018年には世界全体の推定成長率より2%速い、6.5%の割合で成長すると予測されています[1]。また、アジアから北米へ流通する航空貨物は、ボーイング社によると今後20年間に年間4.7%増加すると予測されています[2]。加えて、アジア太平洋地域ハブがある広東省は、中国の主要な貿易拠点の1つです。2017年に広東省の物品輸出入総額は対前年比で8%増加しましたが、米国との輸出入総額においては対前年比で10.4%増加しました[3]。 昨年、フェデックスは新路線を2路線開通しました。1路線は、米国・ワシントン州シアトル、アンカレッジ、中国・上海を経由し、ベルギー・リエージュとメンフィスを結ぶ路線で、もう1路線は、上海と米国・カリフォルニア州オークランドを結ぶものです。本年1月には、中国で2番目の国際ハブであるフェデックス上海国際エクスプレスおよび貨物ハブを正式に開業しました。 現在、フェデックスは中国国内外で毎週250便以上を運航しており、そのうち160便以上がアジア太平洋地域ハブを経由しています。   [1] 世界経済フォーラム「This is how China’s economy has changed in the last 10 years」、2016年6月22日 [2] ボーイング「World Air Cargo Forecast 2016-2017」、2017年10月 [3] 広東省Guangdong Statistics、2018年1月

More
April 3, 2018

フェデックス、日本企業の海外市場へのビジネス拡大をサポートする事例を紹介

国際総合航空貨物輸送会社であるフェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、世界の主要な市場で展開している広告キャンペーンにおいて、ベビー・子ども服の製造および小売業の株式会社ファミリアの事例を紹介する、最新のお客様事例ビデオを公開しました。 この広告キャンペーンは、フェデックスのサービスを活用いただいている各国のお客様の事例を短編の動画シリーズで紹介するものです。今回ビデオで取り上げている兵庫県神戸市の株式会社ファミリアは、1950年の創業以来、常に製品の素材や製造方法にこだわり、子どもの健やかな成長を支える製品を提供しています。子どもにとってより良い生地を作ることを優先するため、製造効率よりも品質を追求して昔ながらの織機を用いて生地を織るのは、ファミリアが継承するコンセプトを体現するためです。 伝統的な技術を活用する一方で、ファミリアはデジタルを取り入れてオムニチャンネルにも対応しています。英語のオンラインショップを展開してビジネスを海外に拡大するなかで重要視するのは、どのチャンネルでも同じサービスを提供する統一性です。ビデオでは、信頼できる国際輸送でファミリアのサービスの統一性に貢献するフェデックスのサポートを紹介しています。 フェデックスのホームページに設けられた特設ページ(http://www.fedex.com/jp/global/)では、株式会社ファミリアの事例ビデオを紹介するとともに、中小企業の海外進出に関する洞察や、すでに海外展開している企業の成功例、貿易業務に関連する最新の情報や専門家からのアドバイスなどの役立つ情報も掲載しています。

More
March 22, 2018

フェデックス一日職業体験「ジョブシャドウ・プログラム」で 高校生の将来への意欲を引き出す

国際総合航空貨物輸送会社であるフェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、3月14日(水)に千葉市美浜区の幕張オフィスに、聖徳大学附属女子高等学校の生徒15人を招き、一日職業体験「ジョブシャドウ・プログラム」の開催をサポートしました。 生徒たちはこの日、営業、カスタマーサービス、マーケティング、エンジニアリング、集配車両管理の各担当従業員に付き添いながら社会人の仕事を体験しました。その後に行われたグループディスカッションでは、フェデックスの従業員たちが、学生時代から現在の仕事に就くまでの自らの経験談を紹介し、生徒たちからの質問にも答えました。 ジョブシャドウ・プログラムは、学校の勉強が実世界の職業にどのように関係しているかについて、生徒たちが現場で理解を深めるための機会です。生徒たちはそれぞれ一人の従業員につき、まさに“影(シャドウ)”のように追いかけて仕事の細かい部分を観察し、従業員の日々の仕事ぶりを体験しました。今回の体験が、生徒たちが進路や将来の計画、キャリアパスを決める上で役に立つことを願っています。 参加した生徒からは、「空港でフェデックスのロゴを見たことがあり、そこで働く人たちの仕事を見ることができて良かったです。フェデックスのような企業活動があって、今の生活が成り立っていることを学ぶことができました。ジョブシャドウで新しい視点を得ることができて、企業に対する理解が深まりました。この経験を将来の職業選択の参考にしたいと思います。」との感想が聞かれました。 フェデックスは、2007年から定期的にジュニア・アチーブメント日本と共に、ジョブシャドウ・プログラムを実施しています。経済教育団体であるジュニア・アチーブメントは、若者が社会に出て働く上で必要なスキルを習得することを目的にさまざまな取り組みを行っています。

More
January 29, 2018

フェデックスがフォーチュン誌の 「世界で最も賞賛される企業」で第9位を獲得

テネシー州メンフィス、2018年1月19日—フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)は、フォーチュン誌が発表した「世界で最も賞賛される企業」調査で今年もランクインを果たしました。 本日発表された毎年恒例の「世界で最も賞賛される企業」ランキングで、フェデックスは総合で第9位を獲得しました。この調査では、財務業績と企業評価に関する9つの属性が測定されます。 フェデックス コーポレーションの会長兼CEO、フレデリック・W・ スミスは、「世界で最も称賛される企業の一社としてフェデックスが今年も選ばれたことはとても光栄です。この栄誉に浴することができたのは、全世界に約40万人以上いるフェデックスのチームメンバーが目覚ましい貢献と仕事ぶりを見せてくれたおかげです」と述べています。 フェデックスがフォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業リスト」で上位20位以内に入ったのは18年連続で、このうち14年はトップ10入りを果たしています。   調査方法 フォーチュン誌は、企業評価に関する本調査を行うに当たり、コーン・フェリー・ヘイグループと協力しました。コーン・フェリーはまず、売上高上位の米国企業1000社と、フォーチュン・グローバル500社に名を連ねる売上高100億ドル以上の非米国企業、合わせて約1500社を対象に調査を開始しました。続いて、最大規模の売上高を誇る複数の企業を各業種から選び出し、29カ国の計680社に絞り込みました。この680社の中から、最も評価が高い企業が選出されました。アンケートに回答した上級管理職は、この680社の企業に勤務しています。 52業種において最も評価の高い企業を決定するため、コーン・フェリーは、上級管理職、取締役およびアナリストに対し、投資価値、経営や製品の質、社会的責任、そして才能ある人材を引きつける力などの9つの基準に基づき、自身が属する業種の企業を評価するよう依頼しました。企業がリスト入りするためには、業種別の調査で上位50%の評価を得なければなりません。 ケーブル・衛星プロバイダー、石油精製、パイプラインおよび米国エネルギー産業においては回答率が低かったため、調査結果は公表されませんでした。 オールスター50社を選出するため、コーン・フェリーは、業種別調査に回答した3900名の上級管理職と取締役、そして証券アナリストを対象にアンケートを実施し、最も高く評価する企業10社を選んでもらいました。アンケート回答者に示したリストには、前年調査で上位25%に入った企業、そして回答者が属する業種の調査で上位20社に入った企業が名を連ねていました。回答者は、業種を問わずどの企業を選んでもよいことになっています。 一部の調査結果が矛盾しているように見えるのは、候補企業のリストに違いがあるからです。例えばDeere社は、オールスターではランクインできませんでしたが、建設・農業機械のカテゴリーでは同業種に属する人々の投票のみがカウントされることから、順位を1つ上げました。

More
January 23, 2018

フェデックス「FedEx Delivery Manager」をアジア太平洋地域で提供開始

香港発 1月23日 -フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)の子会社であるフェデックス  エクスプレスは、 FedEx Delivery Managerをアジア太平洋地域で開始しました[1]。この双方向的なeコマース配送ソリューションにより、小売業者はその個人顧客に柔軟性の高いサービスを提供することができます。顧客は追加料金を負担することなく、自身の都合に合わせて配達の日時と場所を設定できるようになります。FedEx Delivery Managerは現在、世界の41マーケット[2]で利用できます。 これらの41マーケットにおいて、海外から発送された荷物を自宅で受け取ることを希望する受取人は、フェデックスが荷物を集荷した時点で、SMSか電子メールで通知を受けることができます。受取人はセキュリティー管理されたウェブサイト上で簡単な手順を行うことで、配送指示を変更することができます。一方、フェデックスも受取人不在時の配送を最小限に抑えることができます。 「eコマースには、ラストワンマイルの配送能力が重要な意味を持ちます。なぜなら、現在の消費者は使い勝手の良さをぜいたくではなく当然と考えるからです」とフェデックス エクスプレス、アジア太平洋地域社長のカレン・レディントンは語ります。「FedEx Delivery Managerは、配送における柔軟な選択肢を提供します。これにより最終消費者の不安を取り除くとともに、オンラインショッピング全般の満足度を高めることができます。これは各企業、とりわけ中小企業にとって非常に重要です。なぜなら顧客の期待に応えやすくなり、競争での優位性を維持できるからです」。 インターネットで商品を販売する中小企業にとって、出荷プロセスが効率的かつ柔軟であることは重要です。この事実は、フェデックスの委託により最近行われた調査研究で確認されました。アジア太平洋地域の中小企業の79%が、eコマースを通じて収益を上げており、また32%が過去12カ月にeコマースが成長したと答えています。eコマースが成長している企業のうち46%が、より柔軟性の高い出荷の選択肢が必要だと回答しました[3]。 サービスの詳細については以下を参照ください。http://www.fedex.com/jp/delivery-options/   [1] アジア太平洋地域では、オーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾でFedEx Delivery Managerを利用できます。 [2] FedEx Delivery Managerでは現在、発送地にかかわらず、以下の41の国際マーケットを受取地とすることができます。 アジア太平洋地域 – オーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾。欧州 – オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スイス、スウェーデン、英国。北米 – カナダ。ラテンアメリカ – アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、メキシコ、プエルトリコ。中東、インド亜大陸およびアフリカ – バーレーン、インド、クウェート、サウジアラビア、アラブ首長国連邦。 [3] 「デジタル経済時代のグローバル貿易:中小企業のビジネスチャンス」、2016年9月にフェデックスが委託しハリス・インタラクティブ社が実施した研究調査

More