FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

Latest Asia Pacific News

August 29, 2018

FedEx Supports Local Students Developing Business Ideas to Solve Social Problems at Asia Innovation Challenge

TOKYO, August 29, 2018 – FedEx Express (FedEx), a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX), collaborated with Junior Achievement Japan, on the Asia Innovation Challenge (AIC), a business idea contest to help young people hone their business leadership skills. The contest took place at the FedEx Office in Makuhari on August 26. During the contest,

More
August 29, 2018

フェデックス アジア・イノベーション・チャレンジ プログラムで高校生にビジネスアイデアを通して社会問題に取り組む場を提供

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)と、若者の社会適応力を育成する経済教育団体、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本は8月26日、学生のビジネス・リーダーシップスキルを育成する、ビジネスアイデア コンテスト「アジア・イノベーション・チャレンジ(AIC)」の最終審査会を同社の幕張オフィスにて行いました。 審査会では、日本、シンガポールの高校生(各国2人、合計4名1チーム)により構成されたチームが共同で、ASEAN諸国のミャンマー、タイ、ブルネイのうち1ヵ国をターゲット市場として選び、その国の社会問題の解決または改善に寄与する商品やサービスを考案して発表しました。 上位チームは下記の通りです。 優勝: 西山 知樹さん、佐々木 健太さん(日本)、Felly Febryana Salimさん、Heidi Leeさん(シンガポール)のチーム ビジネスモデル:ブルネイ市場に向けた、デング熱対策を施したイスラム教徒の女性用のスカーフと衣装の販売 – イスラム教徒が多く、肌の露出を防ぐためのスカーフ(ヒジャーブ)と衣装(アバヤ)を着用する女性が多いブルネイでは、年間を通して気温が高いため、薄手の生地の服がよく売れている。そのため蚊を媒介とするデング熱に感染する事例が多く報告されている。ペットボトルをリサイクルしたポリエステルを基にし、人体には無害な殺虫剤でコーティングをした素材を使用した、ヒジャーブとアバヤのインターネットショップでの販売を提案。 準優勝:オリビア グライナーさん、荒川 真帆さん(日本)、Chloeさん、Ying Huiさん(シンガポール)のチーム ビジネスモデル:タイにおける性犯罪率の減少をサポートする教育ビジネス - 性犯罪に関して混乱した情報が流布されることもあるタイにて、学生に対する性教育を実施するビジネスを提案。将来に向けて教育者の育成も行うことで、性感染症や意図しない妊娠の予防、性的暴力の減少への貢献も期待する。 3位:本村 夏子さん、吉森 和(なごみ)さん(日本)、Muhd Ridhwan Bin Azmanさん、Yusuf Raisさん(シンガポール)のチーム ビジネスモデル:ミャンマーに向けた、リハビリ機材を提供するビジネス - 他国と比較して脳梗塞患者が多いとされるミャンマーでは、その後のリハビリを行う人も多いが、その料金には保険が適用されない。リハビリを継続するための経済面での負担を軽減し、自宅で使用できる安価なリハビリ機材を提供するビジネスプランを考えた。 プログラムに参加したチームの学生は以下のように感想を述べました。 「海外の学生と共同作業は初めての経験でした。シンガポールの生徒とは対面ではなく、SNSやコミュニケーションアプリを駆使しながらコミュニケーションをとり、プレゼンテーションを仕上げました。文化や国民性の違いがあり、コミュニケーションが上手く取れないことがありましたが、このプログラムで様々な刺激を受けて成長に繋げられたと思います。」 AICは今年で4回目の開催となり、くじ引きで組み合わせた4名から構成される23チーム、合計92人の日本、シンガポールの高校生が参加しました。本コンテストでは、海外の学生と共同で課題に取り組むことで、英語力、背景や文化が異なる人とのコミュニケーション能力、情報収集能力、分析能力、発想力、プレゼンテーション能力など、グローバル人材に求められる資質を経験します。 フェデックスの従業員4人がメンターとして参加し、海外にいるチームメンバーとの効果的なコミュニケーションの取り方や、資料のまとめ方などをアドバイスし、学生たちの質問に答え、活動をサポートしました。 フェデックスはジュニア・アチーブメント日本とともに、日本の学生を対象としたサポート通じ、グローバルな人材、起業家精神育成の支援を続けています。「アジア・イノベーション・チャレンジ(AIC)」は、異なる文化圏の学生と一つの課題に取り組む経験を通して、グローバルに活躍する人材に求められる資質の重要性を理解し、また今後の学生生活においてさらにそれについて学ぶ意欲を持つことを目的としています。

More
August 28, 2018

フェデックス ジョブシャドウ・プログラムで高校生の将来の職業や進路選択をサポート

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は8月23日、関西国際空港のフェデックス北太平洋地区ハブ施設に高校生を招き、フェデックス従業員が働く姿を通してジョブシャドウ・プログラムをサポートしました。 公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が行うジョブシャドウ・プログラムは、仕事をしている人の職場で行動を共にして観察することで、学生たちが将来働くことへの意欲を持つ機会を提供し、職業や進路選択のサポートとなることを目的とするプログラムです。 プログラムでは、常翔学園高等学校(大阪市)の13名の生徒各1名に、フェデックスの従業員1名が寄り添い、さまざまな業務を観察、体験しました。社員との交流を通して学生たちは働く環境を体験し、仕事に対する姿勢やコミットメントなど、学校での生活とは異なる経験をしました。 学生たちは、フェデックスの輸出入通関、フライトオペレーション、上屋(施設内)でのオペレーション、受付の各担当従業員とジョブシャドウ体験を行いました。その後の従業員との座談会では、学生時代からどのようなプロセスを経て現在の仕事に従事しているかなど、従業員の体験談を聞き、将来の進路選択の参考にしました。 ジョブシャドウ・プログラムに参加した学生は、「自分の思っていた仕事のイメージよりも、沢山の知らない仕事内容があってとても驚き、また多くの業務を同時にこなしているのを見てすごいと感じました。仕事は本当にさまざまな部署や役割を持った人が関わり、協力してできていることが実感できました」と感想を述べました。 フェデックスは、経済教育団体ジュニア・アチーブメント日本とともに、日本の学生を対象としたサポート通じ、グローバルな人材、起業家精神育成の支援を続けています。ジョブシャドウ・プログラムは、2007年よりフェデックスのさまざまなオフィスや施設で実施しています。

More
August 28, 2018

FedEx Job Shadow Program Supports Local High School Students In Choosing Future Career Path

TOKYO, August 28, 2018 – FedEx Express (FedEx) a subsidiary of FedEx Corp. (NYSE: FDX), invited high school students to its North Pacific Regional Hub at Kansai International Airport and supported a one-day Job Shadow Program on August 23 where students had the opportunity to observe FedEx employees at work. The Job Shadow Program is

More
August 21, 2018

聯邦快遞研究顯示三分之一台灣中小企業可望未來一年進出口成長

台北,2018年8月21日 — 根據FedEx Corp.(紐約證交所股份代號:FDX)旗下附屬公司兼全球最具規模快遞運輸公司之一的聯邦快遞,委託進行的中小企業研究報告[1]顯示,台灣中小企業在充滿挑戰的全球經濟中,普遍對未來一年的進出口保持樂觀。同時,研究結果顯示,台灣中小企業在跨境電子商務成績斐然,在過去兩年間,電子商務營收在整體營收占比成長五成。 聯邦快遞台灣區總經理朱興榮表示:「中小企業占台灣總體企業比重逾97%[2],是台灣整體經濟中重要一環。藉由了解台灣中小企業的貿易模式,聯邦快遞可以提供更完善的資源及服務,有效地滿足客戶不斷轉變的物流需求,協助台灣中小企業進軍全球市場、拓展國際版圖。在這份報告中,我們發現台灣中小企業的貿易模式正在轉變,並無依賴單一進出口市場,此出口多樣性將會降低國際貿易短期威脅。」 雖然有八成(81%)的台灣中小企業將產品出口至亞太區,高於台灣中小企業出口到其他地區的比例(61%),但值得一提的是,台灣中小企業在出口至其他地區的營收占整體出口營收六成(60%),高於亞太區中小企業出口到其他地區市場的出口營收占比(53%)。約七成的台灣中小企業預期未來一年的出口業務將會維持穩定或增加。以中小企業出口市場而言,中國(65%)、日本(36%)及香港(35%)是台灣中小企業的亞太區主要出口市場;而其他地區主要出口地區則為中南亞(29%)及歐洲(29%)。 本研究亦顯示,台灣中小企業均有從本地(54%)及海外(46%)進口產品與服務,以降低生產成本、提升產品品質及種類。在過去一年內,台灣中小企業的平均進口成本約為新台幣1,500萬元,而約八成台灣中小企業預期在未來12個月進口業務將持平或增加。 研究指出,數位經濟的蓬勃發展正帶動台灣中小企業出口。在2017年,電子商務所帶來的出口營收占台灣中小企業整體出口營收的38%,在過去兩年間成長58%。有九成的台灣中小企業預計其電子商務業務在未來的一年內將會維持穩定亦或成長,其中更有8%的中小企業預期有顯著成長。超過七成的台灣中小企業則認為,行動商務及社群商務能有效協助企業提供客戶服務與支援,對於其他市場開發新客戶亦有顯著效益。 台灣中小企業目前積極投入創新科技以擴張業務版圖。本研究顯示,65%的台灣中小企業表示創新科技有效提高供應鏈及配銷管道的整體營運效率,而大數據、行動支付及自動化軟體等是未來最有可能被台灣中小企業採用的三大技術。 隨著越來越多的台灣中小企業積極拓展進出口業務市場,報告中發現,匯差及海關程序是企業在進行貿易時最常遇到的挑戰。37% 台灣中小企業認為,物流業者可以幫助他們解決這些貿易問題,也有部分(38%)認為進口貿易將會比過去更困難。 這項題為《全球貿易新時代-亞太區中小企業國際貿易模式的轉變》的獨立研究1是由聯邦快遞委託哈里斯民意調查(Harris Interactive)進行,旨在針對中小企業在推動進出口業務時會遇到的機會及挑戰提出洞察與觀點。該調查於2018年3月到4月期間進行,台灣受訪者為504位中小企業資深主管。   研究簡介 這項題為《全球貿易新時代-亞太區中小企業國際貿易模式的轉變》的獨立研究1是由聯邦快遞委託哈里斯民意調查(Harris Interactive)進行,旨在針對中小企業在推動進出口業務時會遇到的機會及挑戰提出洞察與觀點。該調查於2018年3月到4月間完成,透過電話或線上問卷方式先後共訪問4,543名來自全球9個亞太區市場[3]的中小企業資深主管。訪問人數按各調查市場平均分配,涵蓋不同企業規模:微型企業(1至9位全職員工)、小型企業(10至49位全職員工)、中型企業(50至249位全職員工),每個市場的平均樣本數目大約為500名受訪者。   [1] 《全球市場即為新的本地市場:改變中的亞太區中小企業全球貿易模式》乃聯邦快遞委託哈里斯民意調查(Harris Interactive)進行之研究報告,2018年7月。 [2] 「106年中小企業白皮書」,經濟部中小企業處,第2 & 210頁,2017年。 [3] 中國、香港、日本、馬來西亞、菲律賓、新加坡、南韓、台灣、越南。

More
August 20, 2018

60人の学生起業家が国際ビジネスに関する革新的な見識を紹介

香港発 – 8月16日 ビジネスアイデア・コンテスト「フェデックス/ジュニア・アチーブメントインターナショナル・トレード・チャレンジ2018 (略称):ITC」のアジア太平洋地域大会が8月16日にシンガポールで行われ、韓国とベトナムの学生起業家チームが最優秀賞に輝きました。 今年の大会で各チームは、高齢者向けの健康増進製品をフランスに輸出する市場参入戦略を発表しました。チームRatoonの韓国のSeungwon LeeさんとベトナムのDuong Ha Anhさんは、身体バランス力を図り、危険を察知した際に警告することで転倒を防ぐ、フランスの高齢者向けのウェアラブルデバイスを発案し、他の29チームを抑えて勝利しました。 今年はアジア太平洋地域の10の国・地域(オーストラリア、中国、香港、日本、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、ベトナム)から60人の学生が大会に参加しました。文化の枠を超えたアイデアの交換を促すため、参加者はランダムにシャッフルされ、異なる国・地域の相手とペアを組む混成チームでの対抗戦を行いました。 チームRatoonのSeungwon LeeさんとDuong Ha Anhさん は「大会のレベルとビジネス提案の質が共に高く、私たちの提案が栄冠を手にしたことは未だに信じられません。各地域から参加した優秀な学生たちと競い合う、こうした機会をいただけたことに心から感謝します。この大会は、私たちに実社会の経験を身につけさせてくれただけでなく、起業家になる夢を追い求める上でより大きな自信へとつなげてくれました」と語りました。 香港のTerry YungさんとタイのDalilah Katherine BridgesさんのチームTeilahは、AIテクノロジーを搭載し、高齢者との話し相手になるロボットペットを提案して第2位を獲得しました。このロボットペットは高齢者の救急搬送時に家族への連絡を取ることができる機能も付いています。3位に選ばれたのは、フランスの高齢者が精神的に活発でいられるよう、高齢者向けケア・パッケージを提案した、シンガポールのHan Kyeolさんと香港のPhilippe-Hari de MannyさんのチームWrinkleです。パッケージにはパズル、鉢植え、さらに励ましの言葉の数々が含まれています。 「フェデックス/ジュニア・アチーブメントインターナショナル・トレード・チャレンジ」は、フェデックス・コーポレーションのグループ会社であり世界最大級のエクスプレス輸送会社であるフェデックス エクスプレスと、ジュニア・アチーブメント・ワールドワイドのメンバーであるジュニア・アチーブメント・アジア太平洋地域によって共催されています。このプログラムは、実用的で実行可能なビジネス提案の作成という課題を通じて、高校生のグローバルビジネスに対する知識を高め、次世代の起業家として育成することを目的としています。 フェデックス エクスプレスのアジア太平洋地域社長のカレン・レディントンは次のように述べました。 「フェデックスが最も得意とするところは、世界中のビジネスをつなぐことです。フェデックスが、次世代の起業家の発掘と意欲付けを促進するこのプログラムの一翼を担うことを光栄に思います。このプログラムを通じて、学生たちがグローバルな考えを抱き、最初はどんなに小さなビジネスアイディアであったとしても、それを自国市場から外の世界に広げたいと熱望する人には常に機会があると知ってもらえることを願います」 ジュニア・アチーブメント・アジア太平洋地域社長であるヴィヴィアン・ラウは、次のように述べています。「フェデックス/ジュニア・アチーブメントインターナショナル・トレード・チャレンジは、これまでも若手起業家に、既存の枠にとらわれない発想ができるよう影響を与えることを目的としてきました。彼らの優れた提案を見て、今年もまたその目的を達成できたと実感しており、とても嬉しく思います。このプログラムは、彼らの胸躍る起業家への道のりの始まりにすぎませんが、これにより起業家を志す若者が、夢を追うために必要なビジネスの知識とスキルを身につけることができるのです」 今年で12回目を迎え、本プログラムの規模は著しく拡大しています。2007年には3つの国と地域から295人の学生が参加しましたが、今年は10の国と地域から2,700人以上もの学生が参加しました。

More
August 18, 2018

페덱스(FedEx)-JA 2018 ‘국제무역창업대회’ 본선 개최, 한국-베트남팀 우승

(2018년 8월 20일) 세계 최대의 특송 운송 회사 페덱스(FedEx)는 JA와 공동으로 싱가포르에서 개최한 '2018 국제무역창업대회(ITC)' 아태지역 본선에서 한국과 베트남 연합팀이 우승을 차지했다고 밝혔다.

More
August 17, 2018

페덱스(FedEx), 수출입 중소기업고객 대상 넥센히어로즈 경기 초청

(2018년 8월 13일) 세계 최대의 특송 운송 회사 페덱스(FedEx)는 지난 토요일 서울 고척 스카이돔 경기장에서 열린 2018 KBO 리그 넥센히어로즈와 LG트윈스 간 경기에서 ‘페덱스 데이(FedEx Day)’ 행사를 진행했다고 밝혔다.

More