FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

間近に迫るドローン宅配 -ウイング社がフェデックスおよびウォルグリーン社と共に 初の実証実験計画を発表

来月バージニア州で実証実験を開始-フェデックスおよびウォルグリーン社の実験用に 選択した荷物を、ウイング社のドローンが空から直接配送 

September 24, 2019

カリフォルニア州パロアルト、テネシー州メンフィス、およびイリノイ州ディアフィールド発 – (2019年9月19日)-米アルファベット傘下のウイングアビエーションLLCは、来月、フェデックス エクスプレスおよびウォルグリーンと協力し、バージニア州のクリスチャンズバーグにおいて、初のドローン配送サービスを開始します。今回の実証実験は、ラストマイルの配送サービスの改善、医薬品へのアクセスを向上し、地域のビジネスに対する新たな成長分野を育成する方法の探求によって、ドローン配送が社会に多くの恩恵をもたらすことを実証するものです。

これまでの米国におけるドローン配送は、指定された試験場での小規模なデモンストレーションまたは事前計画による固定ルートに沿った短距離飛行に制限されており、ドローンオペレーターの視線の範囲に収まる範囲で行う必要がありました。ウイングは今年初めに、ドローンオペレーターとして初めて米連邦航空局(FAA)から航空運送業者の認可を取得し、数マイルも離れた届け先へ商品を配送できるようになりました。バージニア州におけるウイング社の実証実験は、米国運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラム(IPP)の一環として実施されます。

一定の運用条件が満たされれば、バージニア州のクリスチャンズバーグの配送指定圏に居住し、ウイングの配送サービスを希望するフェデックスのお客様は、試験期間中にドローンで荷物を受け取ることができます。フェデックス エクスプレスの社長兼CEOであるドン・コレランは、次のように述べています。「フェデックスは、お客様の高まるニーズに応えるために常にソリューションの革新と実験を続けており、この分野の初のイノベーションのポートフォリオに今回の実証試験を追加できることを嬉しく思います」。

ウォルグリーンとウイングのサービスは、市販薬および他の商品を注文から数分以内に現地の住民へオンデマンドで空から届けることで、利便性、健康・ウェルネス、食品、飲料水、および日用品へのアクセスを向上させます。各社はこの実証実験を提携の一環として活用し、将来の配送サービスをさらに探求していきます。

ウォルグリーンブーツアライアンス社の最高イノベーション責任者であるVish Sankaranは、次のように述べています。「ウォルグリーンはウイングと提携することで、米国において、オンデマンドでの商業ドローン宅配サービスを選択肢として提供する初めての小売店となります。これにより当社は、いつでもどこでもどの方法でも、お客様が希望し必要とする商品およびサービスを届けるための新たなオムニチャネルを探求できます。今回の実証試験でウォルグリーンは、ドローン配送の利便性をフルに活用し、ウォルグリーン店舗の5マイル以内に住む米国の住民の約78%に、必要に応じて随時拡大できる比類ない立場に立つことができます。」

また、実証試験の一環として、ウイングは現地で愛されている南西バージニアの小売店であるSugar Magnoliaと協力し、さまざまなお菓子、プレゼント、文房具、および紙製品を現地の住民の注文に応じてドローンで届けるよう計画しています。

ウイング社のCEO、James Ryan Burgess次のように述べています。「ウイングは、過去7年間にわたり、今回の目的で宅配でのドローンおよびナビゲーションサービスを開発してきました。当社は小型の荷物を数分で空から直接届け、さまざまな医療品、食品、その他の製品へのアクセスを提供することにより、より安全で高速でクリーンな将来の配送の姿を実証していきます。」

クリスチャンズバーグ試験場は、過去数年間にわたりウイングが、近隣にあるバージニア工科大学のMAAP(ミッド・アトランティック・アビエーション・パートナーシップ)と密接なパートナーシップを築いてきた背景から選択されました。

 

ウイング社について

米アルファベット傘下のウイングは、食品、衣料品、および日用品を含めた小型の荷物を数分で配送できる小規模で軽量な航空機およびナビゲーションシステムを構築してきました。ウイングは2012年に設立され、3つの大陸で80,000回以上の飛行を実施してきました。ウイングの信念は、ドローン宅配により道路の混雑を減らし、現地のビジネスに新たな経済的チャンスをもたらすことにより、都市の運営方法が改善することです。詳しくは、wing.comをご覧ください。

 

フェデックス コーポレーションについて

フェデックス エクスプレスの持ち株会社であるフェデックス コーポレーション(本社:米国テネシー州、年商:700億ドル)は各種輸送業務、Eコマースおよびビジネスサービスをグローバル規模で展開しています。同社はフェデックスブランドのもと、各グループ会社のトータルな強みを発揮しながら、統合されたビジネスソリューションを提供しています。フェデックス コーポレーションは、各種調査で「世界で最も賞賛され信頼されている雇用主」に名を連ね、現在450,000名を超える従業員が、安全と高い倫理、基準の順守に重点を置き、お客様のニーズに合ったサービスを提供しています。フェデックスが取り組む世界中の人びととさまざまな機会を結びつける活動についてはabout.fedex.comをご参照ください。

 

ウォルグリーン社について

ウォルグリーン(walgreens.com)は、米国最大ドラッグストアチェーンの1つであり、世界初の医薬品を中心とする健康およびウェルネス企業であるウォルグリーンブーツアライアンス社(NASDAQ:WBA)の小売薬局米国部門の一部です。日々、約800万人のお客様が、実店舗およびオンラインでウォルグリーンと接点を持ち、最も便利なマルチチャネルを使用して、消費者向けの商品とサービス、そして信頼性が高くコスト効率の良い薬局、健康、およびウェルネスのサービスとアドバイスを得ています。2018年8月31日時点で、ウォルグリーンは、オムニチャネルビジネスのWalgreens.comと併せて、全50州、コロンビア特別区、プエルトリコ、および米国バージン諸島で9,560軒のドラッグストアを運営しています。約400軒のウォルグリーンズの店舗では、ヘルスケアクリニック、その他のリテールクリニックサービスを提供しています。

You may also like: