FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス、ヘルスケア産業向け温度管理輸送の品質を向上

輸送貨物のより厳密な温度管理を実現するため、輸送オペレーションを刷新

August 1, 2019

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、ヘルスケア産業のお客様向け、定温輸送ボックスを使用した温度管理輸送サービスの品質を向上させたことを発表します。本サービスでは、お客様の利便性が向上し、集荷から配送までの間のより厳密な温度管理の徹底、費用面でのメリットが期待できます。

本サービスでフェデックスは、輸送依頼を受けた後に、輸送中に温度を保つよう設定された定温輸送ボックスを保冷資材配送センターからお客様に配送します。出荷品の梱包は、ボックスを受け取ったお客様によって行われ、梱包後の集荷依頼によってフェデックスが集荷を行い輸送します。

この輸送オペレーションの特徴は、お客様の元で国際輸送の梱包が行われることです。従来のオペレーションでは、お客様がコールドチェーン設備を備えたフェデックスの施設に向けて出荷品を国内の温度管理輸送で発送し、フェデックスによって国際輸送のための再梱包がされていました。新たなオペレーションにより、国内輸送や再梱包のような輸送の継ぎ目をなくすことができ、お客様は国内輸送で出荷品をフェデックスに輸送する費用と時間の削減を見込むことができます。

使用する定温輸送ボックスは真空断熱材を使用したもので、従来のボックスと比較して軽量化されており、輸送費用面で優位性があります。お客様による出荷品の梱包は容易で、ボックスの内箱に出荷品を入れるのみです。発送準備をサポートするため、定温輸送ボックスには説明書と、宛先が印刷された送り状、インボイス等が添付され、お客様に配送されます。

北太平洋地区担当副社長の氏家正道は以下のように述べています。
「ヘルスケア産業のお客様による温度管理輸送のニーズはより多様化し、出荷品によって保たなければならない温度帯が異なります。フェデックスはこのサービスで、検体、治験薬、医薬品有効成分(API)などの出荷に、信頼性のある輸送の選択肢を追加します。また、お客様には従来通り輸送中の貨物の状態を確認できる、温度ロガーの使用や、専門の担当者によるモニタリングサービスを合わせて提供することで、高い輸送品質を体験頂けます。」

このオペレーションで使用する保冷ボックスは以下の2種類です。

  • va-Q-One: 医薬品等の輸送でニーズが高い各温度帯、-25℃~-15℃、+2℃~+8℃、+15℃~+25℃に使用する保冷ボックス。蓄熱材の使用により梱包開始から96 時間温度を保つことができ、容積は4リットルから74リットルの5種類から選択できます。
  • バイオクール: ドライアイスを使用する場合の保冷ボックス。-79℃を48時間から96時間保つことが可能。容積は10リットルから80リットルの4種類から選択できます。

You may also like: