FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックスの一日職業体験「ジョブシャドウ・プログラム」が、生徒たちの意欲を引き出す

お客様へのサポートにおけるフェデックスのさまざまな業務の重要性を高校生たちが体験

March 13, 2017

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、本社所在地:東京都千代田区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、聖徳大学附属女子高等学校の生徒15人を対象とする一日職業体験「ジョブシャドウ・プログラム」を、3月10日に千葉市美浜区のフェデックス幕張オフィスで開催しました。

フェデックスは、ジュニア・アチーブメント日本の協力の下、ジョブシャドウ・プログラムを2007年から定期的に開催しています。経済教育団体であるジュニア・アチーブメントは、社会に出て働く上で必要なスキルを若者に習得してもらうため、さまざまな取り組みを精力的に行っています。

生徒たちは同プログラムで、営業、カスタマーサービス、集配業務企画管理、財務、エンジニアリング、車両管理等の担当社員に付き添い、社員たちの仕事ぶりを体験しました。生徒たちは、フェデックスのグローバルビジネスやさまざまな社員の役割と責任について学んだだけでなく、卓越したカスタマーサービスを提供する上でチームワークがいかに重要かを理解しました。

ジョブシャドウ・プログラムは、学校の勉強が実世界の職業にどのように関係しているかについて、生徒たちが現場で理解を深めるための機会です。生徒たちはそれぞれ一人の社員につき、まさに“影”のように追いかけて仕事の細かい部分を観察し、社員の熱意や献身ぶりを体験しました。生徒たちが進路や将来の計画、キャリアパスを決める上で、今回の体験が彼らの背中を押すことになることを、フェデックスは願っています。

フェデックス エクスプレス北太平洋地区担当副社長、氏家正道は以下のように述べています。「フェデックスでは、荷物をお客様に安全かつ確実に届けるため、さまざまな部門の社員が協力してシームレスに作業を行っています。多様化が進むグローバル経済では、お客様のニーズも増す一方です。このようなニーズに対応できる新たなソリューションやサービスを開発するためには、各部門が強力に連携することが大切なのです。優れたカスタマーサービスを提供するという共通の目標を達成する上で、社員一人一人の仕事がいかに重要な役割を果たしているかを、生徒たちは理解できたことでしょう。今日のプログラムに刺激を受けた未来のリーダーたちが、自信をもって将来の計画を考え始めてくれれば嬉しく思います」

参加した生徒の一人は「英語や数学などの勉強や学校での部活動など、今の学生生活でやっていることには意味があり、将来社会人になって役立つことがたくさんあるのだとわかりました。これからの学生生活や人生に、今日学んだことを生かしていきたい」と感想を述べました。ジョブシャドウの後に行われたグループディスカッションでは、フェデックスの社員たちが、学生時代から現在の仕事に就くまでの自らの経験談を披露し、また生徒たちからの質問にも答えました。

You may also like: