FedEx Newsroom

FedEx Newsroom

フェデックス従業員が日本各地で地域社会をサポート

地域の『環境』をテーマに清掃活動を実施

December 6, 2018

ボランティア活動に参加したフェデックス従業員

国際総合航空貨物輸送会社フェデックス エクスプレス(フェデックス、所在地:東京都江東区、北太平洋地区担当副社長:氏家 正道)は、フェデックスが毎年世界的に行う社会貢献活動、フェデックス・ケアズ(FedEx Cares)の一環として、日本の従業員が各地域の環境向上を目指し、ボランティア活動に取り組みました。

全国9か所のフェデックス営業所付近の道路や公園等(埼玉県川口営業所周辺、東京都府中営業所周辺と多摩川河川敷、愛知県豊橋公園、三重県高松海岸、京都府梅小路公園、神奈川県横浜営業所周辺、愛知県名古屋営業所周辺、大阪府南港営業所周辺、岡山県岡山営業所周辺)にて、従業員121人が清掃活動を行い、総計466.3キログラムのゴミを拾いました。

フェデックスは毎年、地域社会をよく知る日本各地の従業員が地域のニーズに合ったボランティア活動を行っています。今年は『環境』をテーマに定めて活動しました。これらの活動は、フェデックスが世界の従業員へのボランティア活動の機会を創出するために、2020年までに200の地域社会に対して2億米ドルの投資を行う、フェデックス・ケアズ(FedEx Cares)プログラムの一環です。フェデックスは過去2年間で、世界134の地域社会に1億百万米ドル以上の投資を行い、すでに目標の半分を達成しました。

フェデックス世界において、効果的な輸送方法やイノベーションを組み合わせて環境負荷をより軽減できる方法で、人と機会を結ぶことに責任を持っています。フェデックスの3つのアプローチ、削減(Reduce), 置き換え(Replace)、改革(Revolutionize)を用い、輸送業務における環境負荷を削減し、施設や設備等をより効率の良いものに置き換え、新しく革新的なテクノロジーを導入して輸送業務に改革をもたらしています。

フェデックス・ケアズおよびフェデックスの社会貢献活動、ならびに貢献している地域に関する詳細については、http://fedexcares.com/ (英語)をご覧ください。

You may also like: